食の安全科学技術演習開講および実施報告

神戸大学大学院農学研究科

食の安全・安心科学センター

Research Center for Food Safety and Security,
Graduate School of Agricultural Science,
Kobe University

FSSlogo.jpg

食の安全科学技術演習開講および実施報告

平成28年8月22日(月)~9月2日(金)
於:農林水産消費安全技術センター(FAMIC)神戸センター

本年度も本学農学部の3回生以上を対象とした「食の安全科学技術演習」が8月22日(月)~9月2日(金)の2週間(月~金の10日間)、神戸市ポートアイランドに所在する農林水産消費安全技術センター(FAMIC)神戸センターで行われ、生産環境工学コース1名、応用動物学コース4名、応用生命化学コース1名、応用植物学コース1名の学生が履修しました。

第1日目午前中のオリエンテーションの後、今年度は食品表示真正性分析コースのみの開講で延べ10日間の演習を行いました。
○食品表示真正性分析コース
農産物中の残留農薬分析、クロマト分析による名称及び原材料表示の確認(そば加工品、アイスクリーム類)、ウナギ加工品の原料原産地判別、はちみつの安定同位体比分析、アジ加工品のDNA分析
第10日目に演習のまとめとアンケート等を行いました。

本演習を終えて、履修した学生さんの後輩へのメッセージは以下の通りです。

○大学では、グループで1つのサンプル等なかなか自分1人の実験をすることは難しいと思いますが、この実習では、ほとんどが1人1サンプル使って実験ができます。分析方法や機器の使い方も職員の方がわかりやすく教えてくださるため、大学の講義で聞いただけの技術を、身をもって体験することができます。また、ピペットマンなどの基本操作を上達させることもできました。
公務員の方の仕事や普段の生活などの詳しいことをお聞きすることができるので、公務員を進路の選択肢に入れている人は参加すると視野が広がるいい経験になると思います。また、食品に関するお仕事に興味がある方は是非参加してほしいです。
夏の暑い時期、二週間通うのは確かに大変ですが、履修して後悔はしないと思います。

○この授業をより理解しやすくするために、食の安全科学技術検査学を予め受けておく方が良いと思います。

○FAMICのスタッフの方全員優しく教えてくださり,普段できない経験ができると思うので,日程が合う方は是非履修することをお勧めします.また,若手交流会で国家公務員についての話などがきけるので,就職について考えるきっかけにもなります.

○3回生や院に進む人にはぜひ一度行ってみて欲しい。
自分のやっている研究のスキルや、理系職の具体像がみえて進路を考える上での貴重な材料になることは間違いないからです。

○この演習は履修することを強くおすすめします。貴重な夏休みのうちの2週間も集中講義に割かれることに履修の抵抗を感じる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、かなり貴重な経験ができますし、実験のスキルアップをするのにはもってこいの演習だと思います。普段の学生実験では物足りないなと感じている方や、将来は食品系の就職を考えている方、単純に食品に興味がある方は受講して後悔するってことは絶対にありえないと思います。また、私はこの演習を受講して将来の進路の選択肢が増えました。というのも、職員の方からの就職に関する生の声を聞かせていただけて今後の進路を考えるうえでとても参考になりました。自分の進路に漠然とした不安を感じている方もぜひこの演習を受講してみてほしいと思います。

○・バイオシステム工学プログラムの生徒は学生実験等では決して触れることのないような貴重な機器にたくさん触れることが出来るいい機会なので履修することを勧めます。
・分析系の研究室に配属された生徒も現在の実績もあり信頼されている分析の方法はどのようなものなのかを知るいい機会だと思う。
・実験好きな人はめちゃめちゃ楽しいと思う。

○「食の安全科学技術演習」では、普段学校で行っている学生実験では体験できないような貴重な経験ができると共に、将来選択の視野も確実に広がるのではないかと思います。私たちの生活において身近な存在である食品の検査を体験させて頂いたことで、食品表示の真正性がいかにして保たれているのかということを実感することができました。また、使用機器や分析方法についてなるほどと思う点や、多くの発見がありました。実際にFAMICで働いていらっしゃる方々から直接お話しを伺うことのできる機会は滅多にないですし、貴重な体験だと思うので、履修の際には、たくさん質問して吸収することができるのではないかと思います。


 わずか10日間の短期ではありましたが、履修生にとって大変充実した演習となりました。来年度以降も引き続き本演習は継続する予定です。
 本演習の企画・実施にあたりご尽力いただいたFAMIC神戸センターの職員の皆様に心より感謝いたします。今後ともどうぞよろしく御願いいたします。