神戸大学  / 神戸大学農学部・大学院農学研究科

 太古の昔から 続く「生命の連鎖」の中で、新たな生物種が生み出され、そしておそらく未来 に至るその鎖の中でまた新たな種が産まれることだろう。この生命の歴史にお いて、生命の遺伝情報の総体としての「ゲノム」は、それ自体に生命進化の証 を刻み込むものとして、決して一個の独立した存在ではなく、他のゲノムへの 依存あるいは他のゲノムとの協調や対立のバランスによって成立してきた。す なわち種間、個体間あるいは細胞間、オルガネラ間など様々な階層で、ゲノム とゲノムは、時にぶつかり、時に協調し合いながら、相互にその関係を深めて きた。我々は、このようなゲノムとゲノムの相互関係を統一的な視点から分子 レベルで追求し、種や階層の壁を越えて議論を深化することが生命科学の今日的課題の一つとして成立し得ると考え、ここに「インターゲノミクス (Intergenomics)」を提唱する。
 
Topics

ホーム(新着情報)

# 研究会について

 インターゲノミクス研究会につ いて

 ゲノミクスの現状とインターゲ ノミクスの可能性

 アプローチの具体例

 研究会ロゴについて

# インターゲノミクスの輪

 メンバー研究内容紹介

 学内外研究者・研究室へ のリンク

 「ジョージ・ビードル “非凡な農民”(訳:中村千春)」

 「メンデルの仕事と生涯 “今に私の時代が来る”(著:中村千春)」

# セミナーと勉強会

 公開セミナー

 勉強会

# ご意見、お問い合わせ

(C) Copyright Intergenomics Community, Kobe University