日本腐植物質学会とは?

概要
腐植物質(フミン物質)およびその類似物質は土壌、水圏、堆積物、食品、生体等の中に普遍的かつ多量に見いだされる物質であり、生態系で重要な役割を果たす重要な有機物資源です。
本学会の前身である「日本腐植物質研究会」は、このような腐植物質に関連する様々な分野の研究の発展と交流を図るため、昭和59年度に設立され、以来毎年1回研究会を開催するとともに、会員に腐植物質研究に関する情報および試料の提供を行ってまいりました。近年の環境ブームとともに急激に会員数が増加したことなどを受けまして、平成13年度総会において「日本腐植物質学会」への移行が決定し、平成14年度より学会として運営されております。
なお,本学会では「International Humic Substances Society: IHSS(国際腐植学会)」における「Japan Chapter(日本支部)」として以下の業務もおこなっています。
IHSS事務局(アメリカ)と日本会員との連絡
IHSSで定められたReference samples of humic substances
(humic and fulvic acids)の日本試料の調製および配布
組織
平成28年10月現在の組織
一般会員数 : 204名

会長

  • 渡邊 彰  (名古屋大)

副会長

  • 兒玉 宏樹 (佐賀大)

常任評議員(事務局)  

  • 眞家 永光(北里大)
  • 〒034-8628 
  • 青森県十和田市東二十三番町35番1号
  • 北里大学獣医学部(水環境学)
  • Tel: 0176-23-4371(内480)
  • maie@vmas.kitasato-u.ac.jpLinkIcon

評議員

  • 藤嶽 暢英 (神戸大)
  • 長尾 誠也 (金沢大)
  • 筒木 潔  (帯広畜大)
  • 足立 泰久 (筑波大)
  • 青山 正和 (弘前大)
  • 山本 修一 (創価大)
  • 川東 正幸 (首都大)

委嘱評議員 (元会長)

  • 石渡 良志
  • 会計監査
  • 杉山 裕子 (岡山理科大)
  • 隅田裕明 (日本大)







bk2_top.gif

規約
1. 目的 本会は腐植物質に関連した研究の発展と知識の交流をはかり、自由な討論の場をつくることを目的とする。
2. 事業(1) 講演会の開催(2)学会誌「Humic Substances Research」の刊行(3)その他、会の目的を達成する上に必要なこと
3. 会員(1) 正会員 会の目的に賛成する個人とする。正会員は役員の選出および被選出、会の行事参加の権利がある。(2)賛助会員 会の目的に賛成する個人または団体で賛助会費を納めるものとする。(3)団体会員 会の目的に賛成する団体とする。会の行事参加の権利がある。(4) 名誉会員 この学会に特に功労のあった者で,本人の内諾を得た上で役員会が推薦し総会の承認を得た個人とする。
4. 役員 会の運営を円滑にするため、つぎの役員をおく。役員の任期は2年とし留任はさまたげない。(1) 会長 (1名) 正会員の中から総会で選出する。(2) 副会長 (1名) 評議員の中から会長が指名する。(3) 評議員 (10名程度) 正会員の中から総会で選出する。(4) 常任評議員 (若干名) 会長が指名する。(5) 委嘱評議員 (元会長) 会長が委嘱する。(6) 会計監査 (2名) 評議員会で正会員の中から候補者を推薦し、総会で承認する。
5. 総会 総会は会長が招集し、必要と認めた事項について審議決定するため、毎年1回開催する。
6. 会費 会費の額およびその改訂は総会で決定する。
7. 規約の改正 総会の議決による。
[付則](1) 本会の会計年度は1月1日から12月31日までとする。(2) 事務局は会長の所属機関または会長の指定する機関とする。(3) 会費は正会員年額2,500円、賛助会員は年額1口10,000円、団体会員は年額 1口20,000円とする。
  • 1986年9月6日制定、1987年9月5日一部改正、1988年7月9日一部改正、1991年10月26日一部改正、1996年11月21日一部改正、1997年11月21日一部改正、2002年11月15日一部改正、2003年11月14日一部改正、2004年11月26日一部改正、2004年12月14日一部改正、2006年11月3日一部改正、2008年11月4日一部改正、2010年11月29日一部改正、2011年11月17日一部改正、2014年11月22日一部改正、2015年11月19日一部改正