神戸大学バイオシグナル総合研究センター 細胞情報研究分野 | 吉川研究室

研究概要Outline

生物の体は細胞を最小の構成単位として成り立っています。そのため細胞の機能異常は、がんや生活習慣病をはじめとしたさまざまな疾患に結びつくことが知られています。私たちは細胞が生理活性物質、ストレス、栄養変化などのシグナルを受けた後、それらシグナルがどのようにして細胞内部へ伝達され、細胞の機能を制御しているかという仕組みを哺乳類培養細胞とモデル生物の分裂酵母を用いて解明を行っています。

主な研究テーマMain Theme

  1. タンパク質リン酸化酵素PKC、PKBによる細胞機能制御
  2. タンパク合成・細胞成長を制御するTOR(Target of rapamycin)シグナル伝達機構
  3. 細胞の栄養感知・応答の分子機構

募集Recruit

学部生・大学院生を随時募集しています。
研究内容に関するお問い合わせ、研究室見学、大学院入学を希望される方は、いつでもご連絡下さい。
所属教員は農学研究科資源生命科学専攻応用動物学講座(細胞情報学)を兼務しており、大学院生は農学研究科所属となります。
農学研究科入試情報はこちら

新着情報News

研究業績とアルバムを更新しました。
メンバーリストを更新しました。新メンバー(松田さん)が加わりました。
研究機関研究員(非常勤研究員)の募集は終了しました。
研究業績を更新しました。
ホームページをリニューアルしました。 NEW
研究業績を更新しました。
新メンバー(池内さん)が加わりました。
改組により、バイオシグナル総合研究センターに名称が変更になりました。
PAGE TOP