教育研究分野

神戸大学
神戸大学大学院システム情報学研究科
神戸大学大学院工学研究科
教職員 学生 研究内容 研究業績 リンク アクセス
HOMEへ

    



  研究内容
 
応用数学研究室では,分布定数系・むだ時間系の制御理論,作用素解析,ロバスト・非線形制御理論,線形行列不等式,数理生物学,非線形偏微分方程式,ネットワーク化システム,最適化理論などに関連する幅広い研究を行っています.各教員の専門分野と主な研究テーマは以下の通りです.

  佐野 英樹
  【専門分野】 分布定数系の制御理論とその応用
 
最近は主に,分布定数天井クレーンモデルの制振制御問題や拡散の影響を考慮した熱交換方程式の安定化問題を扱っています.これらは理論面のみならず,数値実験的検証も行っています.それら以外に,放物型分布定数系のH制御問題や画像処理の分野におけるノイズ除去・暗号化,ホップフィールド型ニューラルネットワークの安定性解析なども行っています.
  【研究テーマ】
 
1. 双曲型境界制御系の安定化と減衰率評価に関する研究
2. 放物型分布定数系のロバスト制御に関する研究
3. 放物型偏微分方程式を用いたノイズ除去に関する研究
4. カオス制御を用いた画像の暗号化に関する研究
5. ホップフィールド型ニューラルネットワークの安定性解析


  増淵 泉
  【専門分野】 ロバスト・非線形制御理論に関する研究
 
線形行列不等式を用いたロバスト最適化に基づくゲインスケジュールド制御系の設計法や,リアプノフ密度による非線形システムの安定性解析などの研究を通して,動的システムに対する高機能な制御系設計のための基礎理論の構築を目指し ています.また,電力ネットワークなどにみられる大規模システムの分散最適化や分散制御などの研究にも携わっています.
  【研究テーマ】
 
1. 線形行列不等式によるロバスト最適化,多目的制御系設計
2. ゲインスケジュールド制御系の設計法
3. 非線形システム,ハイブリッドダイミカルシステムの解析と制御
4. リアプノフ密度による安定性解析と安定化
5. 分散最適化プロトコル・電力ネットワークにおけるシステム制御


  國谷 紀良
  【専門分野】 流行現象の数理モデルとしての微分方程式の定性的解析
 
感染症の流行やコンピュータウイルスの流行など,様々な流行現象を表す数理モデルとして微分方程式を構築し,その解の性質を数学的に解析しています.モデルの非線形性が導く解の多様なダイナミクスを可視化する際には,MATLAB や Mathematica などを利用した数値シミュレーションを行っています.
  【研究テーマ】
 
1. 感染症モデルの安定性解析のためのリャプノフ関数の構築
2. 年齢構造や季節依存性を持つ感染症モデルの解析
3. 空間拡散やパッチ構造を持つ感染症モデルの解析
4. コンピュータウイルスモデルの解析
5. バックステッピング制御の手法の疫学的応用


  若生 将史
  【専門分野】 無限次元システムとネットワーク化システムの制御理論
 
分布定数システムやむだ時間システムに代表される無限次元システムの安定化問題やロバスト制御問題の研究を行っています.最近では,時不変システムだけでなく,時変なむだ時間を含むシステムなども扱っています.さらに,ネットワークを介した制御システム,特に量子化やモードの切替を伴うシステムの安定性解析にも取り組んでいます.
  【研究テーマ】
 
1. 安定なコントローラによる無限次元システムのロバスト制御
2. 時変なむだ時間を含むシステムの安定性解析,安定化,最適制御
3. ネットワークを介した分布定数システムの安定化
4. 量子化やモードの切替,イベントトリガー型サンプリングを伴うシステムの安定性解析
5. 時刻同期の不確かさを考慮した制御系の設計



〒657-8501 神戸市灘区六甲台町1-1  神戸大学大学院システム情報学研究科
システム科学専攻システム創成講座システム数理教育研究分野(応用数学教室)