本文へスキップ

 
  

経歴 業績 学会活動 社会的活動 講義 スケジュール

学位論文

  1. 修士論文「一極集中状況下における公共投資の効果に関する研究」,平成6年2月
  2. 博士論文「国土政策評価のための都市群モデルと便益帰着構成表」,平成11年3月

著書

  1. 森杉壽芳・宮城俊彦共編著,都市交通プロジェクトの評価,コロナ社,第6章(分担執筆),1996.
  2. 秋山孝正・上田孝行共編著,すぐわかる計画数学,コロナ社,第5章(分担執筆),1998.
  3. 多々納裕一・高木朗義編著,防災の経済分析―リスクマネジメントの施策と評価―,勁草書房,第8章(分担執筆),2005.
  4. 喜多秀行編集代表,バスサービスハンドブック,土木学会,第3章,第5章(分担執筆),2006.
  5. 玉村千治編,東アジアFTAと日中貿易,第9章(分担執筆),アジ研選書,独立行政法人日本貿易振興機構アジア経済研究所,2007.
  6. 上田孝行編著,EXCELで学ぶ地域・都市経済分析,第3章,第4章(分担執筆),2009.
  7. 社会基盤技術評価支援機構・中部編,公共事業の思想―文化創造としての公共事業とその最前線,理工図書, 第5章(分担執筆),2012.   
  8. 藤井聡編著,経済レジリエンス宣言:「強靭」な日本経済を求めて,日本評論社,第9章(分担執筆),2013
  9. Yoshitsugu Hayashi他編, Intercity Transport and Climate Change, Springer,Chapter 4,PP.177-213, 2014
  10. 森地 茂他編, 都市間交通と気候変動,一般財団法人運輸政策研究機構, 第4章,PP.208-250, 2014

査読付き論文

  1. 森杉壽芳・大野栄治・小池淳司・武藤慎一,公園整備事業の便益評価-新しい非市場評価法の提案-,土木学会論文集No.518/IV-28,pp.135-144,1995.
  2. 森杉壽芳・小池淳司・佐藤博信,首都機能移転の地域間便益帰着構造,土木計画学研究・論文集12,pp.131-140,1995.
  3. 森杉壽芳・大野栄治・小池淳司・高木朗義・高橋靖英,海面上昇の被害とその対策の便益の計測手法,土木計画学研究・論文集12,pp.141-150,1995.
  4. 森杉壽芳・小池淳司・武藤慎一,自動車交通の公平な燃料価格水準,土木計画学研究・論文集12,pp.283-294,1995.
  5. 森杉壽芳・大野栄治・小池淳司・鈴木慎治,排出ガス制御政策からみた自動車燃料価格水準に関する考察,土木計画学研究・論文集12,pp.739-746,1995.
  6. 小池淳司・上田孝行・森杉壽芳,2都市モデルを用いた交通投資の効果に関する研究,土木計画学研究・論文集13,pp.289-294,1996.
  7. Hisa MORISUGI, Taka UEDA, Atsushi KOIKE: A welfare analysis of transport project in the context of a system of cities -Presentation of the framework by using the inter-regional benefit incidence matrix-, Proceedings of International Conference on Urban Engineering in Asian Cities in the 21st Century, Volume II, pp.E211-E216, 1996.
  8. 小池淳司・上田孝行・森杉壽芳,首都機能移転効果分析のための一般均衡モデルと帰着便益連関表,応用地域学研究第2号,pp.179-188,1996.
  9. 小池淳司・上田孝行・小森俊文,ミクロ行動理論に基づく交通-立地モデルの開発,土木計画学研究・論文集No.14,pp.259-267,1997.
  10. 上田孝行・森杉壽芳・高木朗義・小池淳司,便益帰着構成表アプローチの現状と発展方向について,運輸政策研究,Ver.2 No.2,pp.2-12,1999.
  11. 小池淳司・上田孝行・富田貴弘,高齢化対策としての社会資本整備の国土構造に与える影響分析,土木計画学研究・論文集16,pp.201-206,1999.
  12. 小池淳司・上田孝行・三浦光俊,人的資本形成から見た都市群システム分析,土木計画学研究・論文集16,pp.217-224,1999.
  13. 小池淳司・上田孝行・宮下光弘,旅客トリップを考慮したSCGEモデルの構築とその応用,土木計画学研究・論文集17,pp.237-245,2000.
  14. Takayuki UEDA and Atsushi KOIKE, Economic Damage Assessment of Catastrophe in High Speed Rail Network, Proceedings of 1st Workshop for "Comparative Study on Urban Earthquake Disaster Management", pp.13-19, 2001.
  15. Atsushi KOIKE and Takayuki UEDA, SCGE model for Passenger Transport Investment, Selected-Proceedings of 9th World Congress of Transport Research, CD-ROM, 2002.
  16. 小池淳司・上田孝行・伊藤克彦:社会資本ストック整備効果計測に関する研究―生産関数アプローチと応用一般均衡分析による理論的・実証的比較―,土木計画学研究・論文集,No.19,pp.123-128,2002.
  17. 佐藤徹治・小池淳司・上田孝行:道路整備による地域別帰着便益の簡易計測手法の開発,高速道路と自動車,534号,pp.37-44,2002.
  18. 細井由彦・小池淳司・増田貴則・飯田奈穂:水道事業の費用効果分析に関する考察,環境システム研究論文集,Vol.30,pp.79-390,2002.
  19. 小池淳司・岩上一騎・上田孝行:社会資本整備の世代間厚生分析―世代重複型応用一般均衡モデルの開発と応用―,土木計画学研究・論文集,Vol.20,pp.155-162,2003.
  20. 小池淳司・石川良文・上田孝行・河野貢:都市圏レベルの応用一般均衡モデルの開発と応用,土木計画学研究・論文集,Vol.20,pp.79-85,2003.
  21. 小池淳司・佐藤啓輔・右近崇,地域産業政策評価のための応用一般均衡分析フレーム,土木計画学研究・論文集,Vol.21,pp.217-224,2004.
  22. 小池淳司・上田孝行・秋吉盛司,社会資本ストック崩壊による経済的被害の空間的把握―空間的応用一般均衡モデルによる計量厚生分析―,土木計画学研究・論文集,Vol.21,pp.367-374,2004
  23. 穆月英・小池淳司・笠原浩三・右近崇:中国における農業関税政策の計量厚生分析-空間的応用一般均衡モデルの構築と実証分析-,農林業問題研究,第154号,第40巻・第1号,pp.97-102,2004.
  24. Mu Yueying, Atsushi KOIKE and Kozo KASAHARA, A Model of Spatial Computable Equilibrium Analysis and Its Use in Analyzing China Agricultural Customs Tariff Policy, Quantitative and Technical Economics, Vol.21 No.8, pp.19-27, 2004. (in Chinese)
  25. Takayuki UEDA, Atsushi KOIKE, Katsuhiro YAMAGUCHI and Kazuyuki TSUCHIYA: Spatial Benefit Incidence Analysis of Airport Capacity Expansion: Application of SCGE Model to the Haneda Project, Research in Transportation Economics Volume 13, Global Competition in Transportation Markets: Analysis and Policy Making, pp.165-196, Elsevier, 2005.
  26. Hideyuki KITA, Atsushi KOIKE and Keishi TANIMOTO: Air Service Development of Local Airports and its Influence on the formation of Aviation Networks, Research in Transportation Economics Volume 13, Global Competition in Transportation Markets: Analysis and Policy Making, pp.165-196, Elsevier, 2005.
  27. 土谷和之・小池淳司・上田孝行,地域間のフェイス・トゥ・フェイス・コミュニケーションによる生産性の向上を考慮したSCGEモデルの検討,土木計画学研究・論文集,Vol.22,pp.111-120,2005.
  28. 小池淳司・平井健二・細井由彦,DEA手法による上水道事業の効率性分析,環境工学研究論文集,Vol.42,pp.183-192,2005.
  29. Atsushi KOIKE and Takayuki UEDA: Economic Damage Assessment of Catastrophe by using Spatial Computable General Equilibrium Analysis, Proceedings of the 19th Pacific Regional Science Conference, 2005.
  30. Atsushi KUNITA, Makoto MIZUTANI, Kazuyuki TSUCHIYA, Seiji AKIYOSHI, Atsushi KOIKE, Yoshifumi ISHIKAWA, and Kazuhiko ISHIGURO, International Freight Transport Demand Forecasting by SCGE Model, Intermediate Input-Output Meeting, 2006.
  31. 小池淳司・右近崇,新潟県中越地震における磐越道・上信越道のリダンダンシー効果,高速道路と自動車,Vol.49 No.7, pp.17-26, 2006年7月号.
  32. Attila Varga, Hans Joachim Schalk, Atsushi Koike and Lori Tavasszy, Endogenizing Spatial Economic Structure in a Complex Macro-Regional Model for Development Policy Analysis: The GMR-Hungary Model, Proceedings of ERSA Congress in Volos, Greece, 2006 August.
  33. Takayuki UEDA. and Atsushi KOIKE, Spatial CGE Analysis for Economic Damage Assessment of Disasters: Application Results and Summary of Issues, in: Proceedings of The 53rd North American Meetings of the Regional Science Association International, RSAI, 2006.
  34. 小池淳司・右近崇・宮下光宏・佐藤尚,将来社会経済シナリオ下でのSCGEモデルによる道路投資評価,土木計画学研究・論文集,Vol.23,pp.59-66,2006.
  35. 小池淳司・川本信秀,集積の経済性を考慮した準動学SCGEモデルによる都市部交通渋滞の影響評価,土木計画学研究・論文集,Vol.23,pp.179-186,2006.
  36. 小池淳司・西尾明子,社会資本スピルオーバー効果の県間比較,土木計画学研究・論文集,Vol.23,pp.203-209,2006.
  37. 小池淳司・大田垣聡,スマトラ沖地震の経済被害評価,土木計画学研究・論文集,Vol.23,pp.273-280,2006.
  38. 細井由彦・灘英樹・小池淳司・増田貴則,小都市における地域経済を支える地場産業が集中する地区の汚水処理方法に関する検討,環境工学研究論文集・第43巻,pp.359-366,2006.
  39. Yoshihiko Hosoi, Atsushi Koike, and Takanori Masuda, Economic and Environmental Study on Wastewater Treatment System in an Industrial Park Contributing to Regional Economy, Proc. 7th International IWA Symposium on Systems Analysis and Integrated Assessment in Water Management, 2007.
  40. Lorant A.Tavasszy, Atsushi KOIKE and Attila Vaga, Dynamic spatial equilibrium models for social cost benefit analysis of transport projects and policies: implementations for Japan, the Netherlands and Hungary, Proceedings of 11th world congress of transport research, WCTR, 2007.
  41. 小池淳司・細江宣裕・下村研一・片山慎太朗,独占的競争モデルによる災害の空間的応用一般均衡分析,国民経済雑誌,第196巻第4号,pp.1-18,2007.
  42. 小池淳司・大田垣聡・土谷和之,空間的応用一般均衡モデルを用いた交通需要予測の事後評価の可能性,土木計画学研究・論文集,Vol.24,pp.67-74,2007.
  43. 小池淳司・西尾明子; 公共事業の便益帰着と費用負担の空間構造, 土木計画学研究・論文集, Vol.24,pp.51-58,2007.
  44. 檜垣史彦・水谷誠・土谷和之・小池淳司・上田孝行,準動学的SCGEモデルによる国際物流需要予測および港湾整備の便益評価,運輸政策研究,Vol.10 No.4,pp.21-32,2008.
  45. 小池淳司・佐藤裕介,パネルデータ分析による道路ネットワーク整備の事後分析,高速道路と自動車,Vol.51,No.7,pp.23-30,2008.
  46. Hideyuki Kita and Atsushi KOIKE, Strategic Action of Local Airport for Air Service Development, Proceedings of 12th ATRS Congrece in Athene, CD-ROM, 2008.
  47. 小池淳司・佐藤啓輔・川本信秀,帰着便益分析による道路ネットワーク整備の公平性評価-RAEM-Lightモデルを用いたアプローチ-,高速道路と自動車,Vol.51,No.12,pp.27-33,2008.
  48. 小池淳司, 山口由美子, 細井由彦,一般廃棄物収集有料化の計量厚生分析-家計生産関数を考慮したCGEモデル-, 環境工学研究論文集,Vol.45,pp.279-287,2008.
  49. Atsushi KOIKE, Lori TAVASSZY and Keisuke SATO, A Spatial Benefit Incidence Analysis of Highway Network Project, Proceedings of Uddevalla Symposium, pp.457-470, 2008.
  50. Atsushi KOIKE, Lori TAVASSZY and Keisuke SATO, Spatial Computable General Equilibrium model “RAEM-Light” for Highway Network Projects in Japan, Proceedings of 88th Annual Meeting of Transportation Research Board, DVD, 2008.
  51. Atsushi Koike, Lori Tavasszy, Keisuke Sato, The Risk Management Analysis for the Road Maintenance Cost in Japan with SCGE model “RAEM-Light”,Proceedings of 89th Annual Meeting of Transportation Research Board, DVD, 2009.
  52. Mu Yueying and Atsushi KOIKE, SCGE Model Construction and Simulation Analysis of the Agricultural Subsidy Policy in China, Journal of Quantitative & Technical Economics Vol.26 No.1, pp.3-15, 2009. (in Chinese)
  53. 小池淳司,道路ネットワーク整備が人口・社会構成へ及ぼす影響分析-中国地方におけるパネルデータ分析-,IATSS Review Vol. 34, No.1, pp. 6-14, 2009.
  54. 佐藤啓輔・小池淳司・川本信秀,港湾貨物取扱貨物量の変化が中国地方の道路ネットワーク整備効果へ与える影響~東アジアの経済成長を視野に入れた検討~,IATSS Review Vol.34, No. 1, pp. 34-44, 2009.
  55. 平井健二・小池淳司・喜多秀行,DEA手法による公営企業の運営効率性評価-公営バス事業を事例とした評価-,土木計画学研究・論文集Vol.26, pp.133-140, 2009.
  56. 小池淳司・山田勝也,防災計画のための空間被害分布分析,土木計画学研究・論文集Vol.26, pp.141-148, 2009.
  57. 小池淳司・佐藤啓輔・川本信秀,空間的応用一般均衡モデル「RAEM-Light」を用いた道路ネットワーク評価-地域間公平性の視点からの実務的アプローチ-,土木計画学研究・論文集Vol.26, pp.161-168, 2009.
  58. 小池淳司・川本信秀・佐藤啓輔,港湾取扱貨物量を明示化した道路ネットワーク評価モデルの構築-応用一般均衡モデル「RAEM-Light」をもちいたアプローチ-,土木計画学研究・論文集Vol.26, pp.189-196, 2009.
  59. 小池淳司・片山慎太朗・川本信秀,空間的応用一般均衡分析における地域細分化による道路整備便益の影響分析,土木計画学研究・論文集Vol.26, pp.209-218,2009.
  60. MU Yue-ying, XHAO Xia and KOIKE Atsushi, Impact analysis on China cotton economy from cotton subsidies cancellation by developed countries: Based on the spatial computable equilibrium model, Systems Engineering - Theory amp; Practice, Vol.29, No.10, 2009 (in Chinese).
  61. Atsushi KOIKE, Lori TAVASSZY and Keisuke SATO, The Optimum Risk Management Policy of a Road Network under the Decentralized Society in Japan, Proceedings of Uddevalla Symposium, pp.673-688, 2009.
  62. Atsushi Koike, Lori Tavasszy, Keisuke Sato, Spatial Equity Analysis on Expressway Network Development in Japan-Empirical Approach Using the Spatial Computable General Equilibrium Model RAEM-Light-,Journal of the Transportation Research Board, Volume 2133, 46-55, 2009.
  63. Li Li, Atsushi Tsunekawa, Mitsuru Tsubo, Atsushi Koike and Jijun Wang, Assessing total factor productivity and efficiency change for farms participating in Grain for Green program in China: A case study from Ansai, Loess Plateau, Journal of Food, Agriculture & Environment Vol.8(2): 1185-1192, 2010.
  64. Peter Jarosi, Koike Atsushi, Mark Thissen and Attila Varga, Effect analysis of regional development policy using a spatial numerical model of general equilibrium, Kozgazdasagi Szemle, Vol.LVII, 165-180, 2010. (in Hungarian Language)
  65. Li Li, Atsushi Tsunekawa, Mitsuru Tsubo, Atsushi Koike and Jijun Wang, Efficiency and its determinant factors for smallholder fames in the Grain for Green Program on the Loess Plateau, China, Journal of Food, Agriculture and Environment Vol.8(3&4): 772-778, 2010.
  66. 門間俊幸・中村卓雄・小池淳司・藤井聡, 地方の社会資本整備についての分配的公正心理に関する研究,土木計画学研究・論文集,Vol.27,no.1,pp.71-80, 2010.
  67. Atsushi Koike, Lori Tavasszy, Keisuke Sato, Toshiyuki Monma, Spatial Benefit Incidence of Economic Effects of Road Network Investments,Selected Proceedings of 12th Word Conference of Transport Research, 2010.
  68. LI Li, TSUNEKAWA Atsushi, TSUBO Mitsuru, and Koike Atsushi, Considerations on Sustainable Agriculture and Rural Development in Dryland Areas,Journal of Northeast Agricultural University, Vol.17, No.4, 20-24, 2010.
  69. Atsushi Koike, Zhongmin Xu, Kang Wang and Bunei Itoga, Impact Analysis of Water Price Reform of Zhangye, China, International Journal of GEOMATE, Vol. 1, No. 2 (Sl. No. 2), pp. 122-129, 2011.
  70. 門間俊幸・樋野誠一・小池淳司・中野剛志・藤井聡, 現下の経済動向を踏まえた公共投資効果に関する基礎的研究, 土木学会論文集F4(建設マネジメント)Vol.67,No.4, I_327-I_338, 2011.
  71. 小池淳司, AI Demand Systemモデルによる交通需要弾力性推定による政策分析,運輸政策研究,Vol.14 No.3,pp.2-8,2011.
  72. 遠香尚史・小池淳司, 高速道路破断に伴う経済的影響の空間的把握-地域間産業連関表を用いた短期的影響分析-,高速道路と自動車,第55巻第3号,pp.18-26,2012.
  73. Atsushi KOIKE, Lori Tavasszy, Keisuke SATO and Toshiyuki MONMA, Spatial Incidence of Economic Benefit of Road-Network Investments: Case Studies under the usual and Disaster Scenarios, Journal of Infrastructure Systems, ASCE, 2012.
  74. 宮下光宏・小池淳司・上田孝行, アジア高速鉄道整備の経済・環境影響の国際比較-旅客を考慮したSCGEモデルによる計量分析-, 土木学会論文集D3(土木計画学)Vol.68, No.4, pp.316-332, 2012.
  75. 堤盛人・山崎清・小池淳司・瀬谷創, 応用都市経済モデルの課題と展望, 土木学会論文集D3(土木計画学)Vol.68, No.4, pp.344-357, 2012.
  76. 小池淳司・伊藤佳祐・中尾拓也, 地域間交易の代替弾力性の推定,土木学会論文集D3(土木計画学)Vol.68, No.5(土木計画学研究・論文集第29巻), I_55, 2012.
  77. 小池淳司・右近崇, 電力供給不足による経済的影響分析, 土木学会論文集D3(土木計画学)Vol.68, No.5(土木計画学研究・論文集第29巻), I_111, 2012.
  78. 小池淳司・佐藤啓輔, 交通ネットワーク整備が観光産業の生産活動へ与える空間的影響の把握~鳥取・兵庫県の日本海地域における基礎自治体レベルの観光産業の付加価値推計をふまえた検討~, 土木学会論文集D3(土木計画学)Vol.68, No.5(土木計画学研究・論文集第29巻),I_349, 2012.
  79. 小池淳司・漆谷敏和・樋野誠一, 流動性の罠を考慮したDSGEモデルによる公共事業の効果に関する分析, 土木学会論文集F4(建設マネジメント)Vol.68,No.4 特集号論文集, I_13, 2012.
  80. 樋野誠一・門間俊幸・小池淳司・中野剛志・藤井聡, インフレ・デフレ状況を内生化したケインズモデルによる公共投資効果の分析, 土木学会論文集F4(建設マネジメント)Vol.68,No.4 特集号論文集, I_21, 2012.
  81. 杉本泰亮・小池淳司・細井由彦, 地域の経済活動を考慮した水使用料金体系の検討-2都市における比較検討-, 土木学会論文集G(環境)Vol.68, No.7, Ⅲ_175-Ⅲ_183, 2012.
  82. 小池淳司・平井健二・佐藤啓輔,高速道路整備による地域の人口及び経済変化に関する事後分析-固定効果モデルによるパネルデータ分析-,土木学会論文集D3(土木計画学)Vol.68, No.4, pp.388-399, 2012.
  83. 小池淳司・右近崇,高速道路料金割引施策による経済効果の空間的帰着分析,運輸政策研究,Vol.16 No.2,pp.41-52,2013.       
  84. 小池淳司・和田成夫,わが国の建設産業と技術進歩-全要素生産性を用いて-,土木学会論文集F4(建設マネジメント)Vol.69,No.4, I_265-I_272, 2013.       
  85. 根津佳樹・神田佑亮・小池淳司・白水靖郎・藤井聡,西日本における国土強靭化インフラ整備による総合的マクロ効果予測研究,土木学会論文集F4(建設マネジメント)Vol.69,No.4, I_57-I_68, 2013.       
  86. Atsushi Koike, Keisuke Sato, The Spatial Economic Impacts of Road Network Development on the Tourism Industry-An Analysis Based on Estimates of Value-Added at the Municipal Level in Japan, Proceedings of Uddevalla Symposium 2013, pp.425-441, 2013.
  87. Keisuke SATO,Atsushi KOIKE, Theoretical and Empirical Verification of the Inter-regional Trade Modeling in the Spatial CGE model for Transport Improvements,13th World Conference on Transportation Research Society (WCTR),RIo de Janeiro, Brazil,July15-18,2013.
  88. 佐藤啓輔,小池淳司,川本信秀,空間的応用一般均衡モデル「RAEM-Light」を用いた道路・港湾整備の効果分析,土木学会論文集D3(土木計画学)Vol.69, No.5,I_283-I_295,2013.
  89. Atsushi Koike,Disuke YOSHINO, Short-and Long-Run Structural International Tourism Demand Modeling Based on the Dynamic AIDS Model:Empirical Research in Japan,Asian Transport Studies,Volume3,Issue1, pp.125-142, 2014.
  90. 榎本甫,桑野将司,小池淳司,災害時のソーシャルメディアと帰宅行動の関連性分析,土木学会論文集D3(土木計画学)Vol.70, No.1, pp.102-112, 2014.       
  91. 小池淳司,佐々木康朗,山崎清,全国の詳細な地域分割に基づく交通データ及び需要予測モデルを用いた効率的な地域別CO2削減割当ての検討,運輸政策研究,Vol.17 No.2,pp.2-12,2014.
  92. 小池淳司,佐々木剛,佐々木康朗,山崎清,市町村単位のSCGEモデルを用いた東日本大震災の経済被害の空間的把握,土木学会論文集D3(土木計画学)Vol.70, No.5(土木計画学研究・論文集第31巻), I_151-I_159, 2014.
  93. 小池淳司,中洋平,交易に関する代替弾力性の時間安定性の検討,土木学会論文集D3(土木計画学)Vol.70, No.5(土木計画学研究・論文集第31巻), I_161-I_171, 2014.
  94. 小池淳司,佐藤啓輔,空間的応用一般均衡モデルにおける地域間交易モデルの特性分析-Armingtonアプローチと確率型空間価格均衡アプローチ-, 土木学会論文集D3(土木計画学)Vol.70, No.5(土木計画学研究・論文集第31巻), I_173-I_186, 2014.
  95. 佐藤啓輔,吉野大介,小池淳司,空間的応用一般均衡モデルを用いた中央アジア内陸国における道路整備の経済効果把握,土木学会論文集D3(土木計画学)Vol.70, No.5(土木計画学研究・論文集第31巻), I_229-I_240, 2014.       
  96. Atsushi Koike, Keisuke Sato, Armingon Elasticities in the Multi-Regional Trade for the Transport Policy in Japan, Uddevalla Symposium 2014 - Geography of Growth - The Frequency, Nature and Consequences of Entrepreneurship and Innovation in Regions of Varying Density, Revised papers presented at the 17th Uddevalla Symposium2014, 12-14 June, Uddevalla Sweden, pp.507-pp.521.(2015)       
  97. 小池淳司, 定金乾一郎, 古市英士, 片山慎太朗, 高速道路のリダンダンシー効果が地域経済に与える影響分析, 土木学会論文集D3(土木計画学), Vol. 71 (2015) No. 5, I_201 – I_208       
  98. 小池淳司, 片山慎太朗, 古市英士, 物流拠点を経由する都市間物流モデルの構築, 土木学会論文集D3(土木計画学), Vol. 71 (2015) No. 5, I_533 – I_545.       
  99. 織田澤 利守, 中村 優太, 鳥尾 健太, 小池 淳司,産業の過剰集積がもたらす災 害脆弱性と交通インフラの減災施策,土木学会論文集D3(土木計画学), Vol. 72 (2016) No. 1, pp.99-112.       

総説・解説


  1. 経済均衡モデルによる公共事業評価―地域の変化を測る―,運輸政策研究,Vol.8 No.2,pp.72-73,2005.
  2. 小池淳司,地方部における事業評価の現状と課題,交通工学,Vol.43No.1,pp.49-54,2008.
  3. 小池淳司・石倉智樹・堤盛人, 特集「土木計画における経済均衡モデル研究の最新動向:応用一般均衡モデルと応用都市経済モデル」, 土木学会論文集D3(土木計画学)Vol.68, No.4, pp.285-3290, 2012.
          
  4. 小池淳司,自然災害の経済的被害とインフラ整備,化学経済,第60巻 第7号,pp.62-67,2013.
  5. 小池淳司,費用便益分析の改良と活用,運輸と経済,第74巻 第2号,pp.132-134, 2014.2
店舗写真

information店舗情報

神戸大学大学院
 工学研究科 市民工学専攻
       計画学研究グループ


住所
 〒657-8501
  神戸市灘区六甲台町1-1

個人連絡先
 喜多秀行
  kita[at]crystal.kobe-u.ac.jp
  078-803-6008
 小池淳司
  koike[at]lion.kobe-u.ac.jp
  078-803-6208
 井料隆雅
  iryo[at]kobe-u.ac.jp
  078-803-6360
 織田澤利守
  ota[at]opal.kobe-u.ac.jp
  078-803-6006
 瀬谷創
  hseya[a]people.kobe-u.ac.jp
  078-803-6278
 浦田淳司
  urata[a]person.kobe-u.ac.jp
  078-803-6686
 四辻裕文
  yotsutsuji[a]people.kobe-u.
  078-803-6079
   (E-mailは[at]を@にして下さい)

→研究室へのアクセス