本文へスキップ

 
  

経歴 業績 学会活動 社会的活動 講義

学位論文

  1. ドライバーの速度認識構造に着目した誘導型交通安全対策に関する方法論的研究, 神戸大学博士論文, 2010.
  2. Pre-trip情報の提供による交通需要の管理効果に関する研究, 鳥取大学修士論文, 1996.

論文(査読付き)

  1. Yotsutsuji, H., Kita, H., Xing, J., Hirai, S. (2017). A car-accident rate index for curved roads: A speed choice-based approach. Transportation Research Procedia,25C, 2113-2123. (World Conference on Transportation Research 2016)
  2. Kita, H., Yotsutsuji, H., Ikemiya, M., Suga, Y. (2017). How to measure the level of activity opportunities secured by rural public transport service: The capability approach. Transportation Research Procedia,25C, 3869-3878. (World Conference on Transportation Research 2016)
  3. 松村健志, 渡邊友崇, 四辻裕文, 喜多秀行 (2017). 道路交通特性の関連性分析と交通性能評価への応用. 交通工学論文集(特集号A), 3(2), A_271-A_279.
  4. 四辻裕文, 松本猛秀, 米村圭一郎, 喜多秀行. (2016). カーブ手前の路面側面表示の配列パターンが運転者の速度認識に及ぼす影響の実験研究. 土木学会論文集D3(土木計画学)特集号, 72(5), I_1017-I_1028.
  5. Kita, H., Yotsutsuji, H., Asaka, R., Tsujitani, J., Watanabe, T. (2016). Estimation method for interurban accessibility: a highway performance measure indicating smooth and safe traffic flow. Transportation Research Procedia,15, 709-720. (International Symposium on Enhancing Highway Performance 2016)
  6. Yotsutsuji, H., Sasaki, K., Maruyama, M. (2016). Sustainable market design for short-trip rideshares: simulation based on one-to-one two-sided matching with informational guidance. Asian Transport Studies, 4(1), 278-294.
  7. 四辻裕文, 丸山満帆 (2016). 一対一両側マッチングに基づく短距離ライドシェアに関するシステム分析〜情報誘導によるシステム持続可能性に着目して. 交通工学論文集(特集号A), 2(2), A_134-A_143.
  8. 喜多秀行, 浅香遼, 渡邊友崇, 辻谷純, 四辻裕文 (2015). 円滑性と安全性に着目した道路の性能評価指標. 土木学会論文集D3(土木計画学)特集号, 71(5), I_985-I_990.
  9. 喜多秀行, 池宮六季, 菅洋子, 四辻裕文 (2015). 潜在能力アプローチによる地域公共交通計画の検討フレーム. 土木学会論文集D3(土木計画学)特集号, 71(5), I_163-I_169.
  10. Yotsutsuji, H., Kitamura, K., Kita, H. (2015). An experimental study on the effect of sequential transverse and lateral markings on perceived speed on a single-lane straight road. Journal of Ergonomics, 5(S3), 1-7.
  11. 喜多秀行, 辻皓平, 四辻裕文 (2015). 公共交通に支えられた活動機会の計測法と整備水準評価への利用. 交通工学論文集(特集号A), 1(2), A_116-A_122.
  12. 四辻裕文 (2014). 路面側面表示の配列操作が運転者の速度知覚と被追突リスクに及ぼす影響の分析. 機関誌「高速道路と自動車」, 57(12), 18-24.
  13. Yotsutsuji, H., Kita, H., Kitamura, K. (2014). Accident-preventive measure selection method based on the speed cognition of lead-vehicle driver in curved roadway. Procedia - Social and Behavioral Sciences, 138, 592-601.
  14. Yotsutsuji, H., Sasaki, K., Yamamoto, M. (2013). Availability of volunteer-based dynamic ride-sharing with bipartite group in a low-density small community in Japan. Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, 10, 1009-1024.
  15. 佐々木邦明, 二五啓司, 山本理浩, 四辻裕文 (2013). 低密度居住地域における交通制約者の移動手段としてのライドシェアの可能性. 社会技術研究論文集, 10, 54-64.
  16. Yotsutsuji, H., Kita, H. (2010). Self-motion speed perception of visual information in driving. Traffic and Transportation Studies, ASCE, 7, 1029-1045.
  17. 四辻裕文, 喜多秀行 (2009). ドライバーが抱く視覚的な距離感と速度感に関する知覚構造モデルの提案. 国際交通安全学会誌 IATSS Review, 34(3), 334-341.
  18. 四辻裕文, 喜多秀行 (2009). ドライバーの速度認識構造を考慮した誘導型予防安全対策の評価フレーム. 土木学会安全問題研究論文集, 4, 23-28.
  19. 織田澤利守, 四辻裕文, 小林潔司 (2003). 遅延リスクと事業評価. 土木学会建設マネジメント研究論文集, 10, 119-128.
  20. 曽根真理, 橋本聖, 四辻裕文 (2000). 道路事業における機会損失を含めたコスト最小化に関する研究. 土木学会建設マネジメント研究論文集, 8, 207-216.

国内学会発表(査読付き)

  1. 米村圭一郎, 松本猛秀, 四辻裕文, 喜多秀行 (2017). フィールド実験による路面側面表示の配列効果に関する一考察. 第37回交通工学研究発表会論文集(実務論文), -.
  2. 喜多秀行, 山崎知詩, 四辻裕文 (2017). サービスの多様性を考慮したアクセシビリティの評価モデル. 第37回交通工学研究発表会論文集(研究論文), -.
  3. 四辻裕文, 岩崎克倫, 辻智史, 喜多秀行 (2016). 道路の曲線半径に応じて路面表示の配列が運転者の速度認識に及ぼす影響:構造方程式モデリングによる検討. 第36回交通工学研究発表会論文集(研究論文), 287-293.
  4. 松村健志, 渡邊友崇, 四辻裕文, 喜多秀行 (2016). 道路交通特性の関連性分析と交通性能評価への応用. 第36回交通工学研究発表会論文集(研究論文), 85-88.
  5. 丸山満帆, 四辻裕文 (2015). 低密度居住地域における短距離トリップのライドシェアリングの持続可能性に関する制度的考察. 第35回交通工学研究発表会論文集(研究論文), 77-84.
  6. 浜中聡士, 喜多秀行, 四辻裕文, Jian XING, 平井章一 (2015). カーブ区間の速度超過事故に対するインシデント確率の推計. 第35回交通工学研究発表会論文集(研究論文), 25-32.
  7. 四辻裕文, 北村和樹, 喜多秀行 (2014). 隠れマルコフモデルによる減速マーク表示の配列効果分析. 第34回交通工学研究発表会論文集(研究論文), 57-62.
  8. 渡邉友崇, 喜多秀行, 浅香遼, 四辻裕文 (2014). 遅延ストレスと事故リスクに着目した走行環境の認識・評価モデル. 第34回交通工学研究発表会論文集(研究論文), 425-428.
  9. 辻皓平, 喜多秀行, 四辻裕文 (2014). 公共交通の整備順位評価のためのアクセシビリティ指標に関する一考察. 第34回交通工学研究発表会論文集(研究論文), 457-462.
  10. 喜多秀行, 本田健祐, 浅香遼, 四辻裕文 (2013). 道路の走りやすさに対するドライバーの評価とその予測方法. 交通工学研究発表会論文集, 33, 213-217.
  11. 喜多秀行, 辻谷純, 浅香遼, 四辻裕文 (2013). 道路の走りやすさに対するドライバーの認識・評価モデルの実証分析. 交通工学研究発表会論文集, 33, 219-223.
  12. 四辻裕文, 喜多秀行, 佐々木邦明 (2012). カーブを含む道路区間における減速マーク表示の配列に関する理論的考察. 交通工学研究発表会論文集, 32, 221-224.
  13. 四辻裕文, 喜多秀行 (2011). 減速マーク表示の効果的な配列に関する一考察. 交通工学研究発表会論文集, 31, 103-109.
  14. 喜多秀行, 本田健祐, 河内朗, 四辻裕文 (2011). 運転環境の質に対するドライバーの認識・評価の集計構造モデル. 交通工学研究発表会論文集, 31, 199-202.
  15. 岸野啓一, 喜多秀行, 越智達也, 四辻裕文 (2011). 過疎地域における活動機会の獲得方法に関する基礎的分析. 交通工学研究発表会論文集, 31, 393-398.
  16. 四辻裕文, 宮城弘子, 喜多秀行 (2010). ドライバーの速度認識構造に基づくカーブ誤認事故予防策選定の新たなアプローチ. 交通工学研究発表会論文集, 30, 81-84.
  17. 四辻裕文, 喜多秀行 (2009). 路面標示間隔がもつ減速誘導メカニズムの分析フレーム. ITSシンポジウム講演論文集 Peer-review Proceedings of the 8th ITS Symposium, p.2-C-04.
  18. 四辻裕文, 喜多秀行 (2009). ドライビングシミュレータによる速度知覚モデルの検証. 交通工学研究発表会論文集, 29, 93-96.

論説(査読付き)

  1. 四辻裕文, 喜多秀行 (2009). ドライバーが抱く視覚的な距離・速度知覚構造のモデル化に関するレビューと展望. 国際交通安全学会誌 IATSS Review, 34(3), 326-333.

国際会議発表(査読付き)

  1. Yotsutsuji, H. (2017). Does array pattern of speed reduction markings need to be changed in accordance with horizontal curve radius?: Causality analysis using driving simulator data. Proceedings of the 12th Eastern Asia Society for Transportation Studies, No.1772.
  2. Yonemura, K., Matsumoto, T., Fukuoka, Y., Nomura, K., Ito, A., Yotsutsuji, H., Kita, H. (2017). A study on the array effects of transverse and lateral road markings based on a driving experiment. Proceedings of the 15th Road Engineering Association of Asia and Australasia Conference, 1-9.
  3. Yotsutsuji, H., Matsumoto, T., Yonemura, K., Kita, H. (2015). An experimental study on the effect of sequential transverse and lateral markings on perceived speed in curved road. Proceedings of the 3rd International Symposium on Future Active Safety Technology Towards Zero Traffic Accidents, 335-342.
  4. Yotsutsuji, H., Sasaki, K., Maruyama, M. (2015). A simulation study on sustainable market design for short-trip rideshare based on bipartite matching in village community. Proceedings of the 11th Eastern Asia Society for Transportation Studies, No.1424.
  5. Kita, H., Yotsutsuji, H., Kishino, K. (2013). Assessing the level of daily activity opportunities secured by rural public transport service: The capability approarch. Selected Proceedings of the 13th World Conference on Transportation Research Society, Topic G6 Transport and Security (SIG14), No.1765.
  6. Yotsutsuji, H., Sasaki, K., Yamamoto, M. (2013). Availability of volunteer-based dynamic ridesharing with bipartite group in a low-density small community in Japan. Proceedings of the 10th Eastern Asia Society for Transportation Studies, No.94.
  7. Yotsutsuji, H., Kita, H. (2010). Assessment methodology for the inductive and forcible traffic safety measures through speed-utility-based framework considering speed recognition structure of driver. Selected Proceedings of the 12th World Conference on Transportation Research Society, Topic C4 Safety Analysis and Policy, No.3021.
  8. Yotsutsuji, H., Kita, H. (2009). Modeling of speed perception structure of a driver. Proceedings of International Summer Symposium, JSCE, 11, 209-212.

国際会議発表(査読なし)

  1. Kita, H., Yotsutsuji, H (2016). Assessing the level of activity opportunities secured by rural public transport services: the capability approach. Human Development and Capability Association 2016 Annual Conference, Full Academic Paper Session No.193. (於: 一橋大学)
  2. Kita, H., Yotsutsuji, H (2016). Disparity of activity opportunities between localities and correlation with transportation service level. Human Development and Capability Association 2016 Annual Conference, Full Academic Paper Session No.256. (於: 一橋大学)
  3. Goto, R., Kita, H., Yotsutsuji, H., Kobayashi, H. (2014). How to measure the shortage of individuals' capabilities, respecting the difference of individuality in their choices and evaluations. Human Development and Capability Association 2014 Annual Conference, Thematic Pannel Session No.05PS2.5. (於: Athens, Greek)
  4. Kita, H., Ono, Y., Kishino, K., Yotsutsuji, H. (2012). An accessibility index for planning rural public transport considering terrain and physical constraints. International Conference on Aging, Mobility and Quality of Life, Oral session No.O7.4. (於: ミシガン大学, USA)
  5. Kita, H., Kishino, K., Ochi, T., Yotsutsuji, H. (2012). A survey on measures to support basic activities of older adults in rural areas. International Conference on Aging, Mobility and Quality of Life, Oral session No.O11.2. (於: ミシガン大学, USA)
  6. Kita, H., Nonaka, K., Kishino, K., Yotsutsuji, H. (2012). A methodology for evaluating level of rural public transport services securing opportunities for necessary activities. International Conference on Aging, Mobility and Quality of Life, Poster session No.P13. (於: ミシガン大学, USA)

研究報告書(査読なし)

  1. 執筆協力: 国際交通安全学会 IATSS (2012). 地域公共交通と連携した包括的な生活保保障のしくみづくりに関する研究 (そのIII) (H2417). 第5章 5.1.交通弱者に対する非交通系の生活必需サービス提供方法
  2. 執筆協力: 国際交通安全学会 IATSS (2012). 地域公共交通と連携した包括的な生活保保障のしくみづくりに関する研究 (そのIII) (H2417). 第7章 7.2.潜在能力アプローチによる地域公共交通計画の方法論
  3. 執筆協力: 国際交通安全学会 IATSS (2011). 地域公共交通と連携した包括的な生活保保障のしくみづくりに関する研究 (そのII) (H2307). 第8章 地域公共交通計画における活動機会保障水準の評価法<潜在能力アプローチ>
  4. 執筆協力: 国際交通安全学会 IATSS (2010). 地域公共交通と連携した包括的な生活保保障のしくみづくりに関する研究 (そのI) (H2298). 第7章 交通弱者に対する非交通系の生活必需サービス獲得方法について
  5. 分担執筆: 建設コンサルタント協会土木デザイン研究委員会 (2000). 土木デザインの実践的理念と手法に関する研究. 第6章(2) 修景・改修のあり方

国内学会発表(査読なし)

  1. 四辻裕文 (2017). 整備新幹線の並行在来線問題に対する協力ゲーム論的考察. 第55回土木計画学研究・講演集, No.7440. (於: 愛媛大学)
  2. 四辻裕文, 石丸達也, 喜多秀行, 平井章一, Jian XING (2017). カーブの緩急と路面側面表示の配列パターンとの因果関係に関する実験研究. 第55回土木計画学研究・講演集, No.7184. (於: 愛媛大学)
  3. 山口淳也, 四辻裕文, 喜多秀行 (2016). 外出パターン推計モデルの実証分析. 第54回土木計画学研究・講演集, No.230. (於: 長崎大学)
  4. 四辻裕文 (2016). 潜在能力の計測手法の整理および地域公共交通計画への潜在能力アプローチの応用可能性. 第19回日本福祉のまちづくり学会全国大会, コメンテータ付き論文, No.E3. (於: 北海道函館アリーナ)
  5. 四辻裕文 (2016). 地方都市の中心地区と周辺地区での食料品購買機会の格差とその要因. 第19回日本福祉のまちづくり学会全国大会, コメンテータ付き論文, No.A3. (於: 北海道函館アリーナ)
  6. 北村和樹, 四辻裕文, 喜多秀行, 織田澤利守 (2016). 路面表示の配列操作が先頭車ドライバーの速度認識と後続車の速度変化に及ぼす影響. 第53回土木計画学研究・講演集, No.7044. (於: 北海道大学)
  7. 渡邊友崇, 松村健志, 四辻裕文, 喜多秀行 (2016). 運転者が認識する遅延ストレスと事故リスクに着目した道路の交通性能指標. 第53回土木計画学研究・講演集, No.7058. (於: 北海道大学)
  8. 辻皓平, 薦田悟, 喜多秀行, 四辻裕文 (2016). 活動機会に着目した公共交通サービス選択のための規範モデル. 第53回土木計画学研究・講演集, No.7445. (於: 北海道大学)
  9. 荒賀嗣人, 四辻裕文, 喜多秀行 (2016). サービスのアクセシビリティに基づく活動機会の大きさの評価モデル. 第53回土木計画学研究・講演集, No.7458. (於: 北海道大学)
  10. 岩崎克倫, 四辻裕文 (2016). 路面表示の配列効果に関する構造方程式モデリング分析. 土木学会関西支部年次学術講・縁W, CD-ROM. (於: 立命館大学)
  11. 鬼頭剛史, 四辻裕文 (2016). 整備新幹線の並行在来線問題へのゲーム理論的アプローチ. 土木学会関西支部年次学術講演集, CD-ROM. (於: 立命館大学)
  12. 四辻裕文, 松本猛秀, 米村圭一郎, 喜多秀行 (2015). 道路曲線半径の変化からみた運転者の速度知覚に対する路面側面表示の配列パターンの影響. 第52回土木計画学研究・講演集, No.251. (於: 秋田大学)
  13. 安永恒平, 喜多秀行, 四辻裕文 (2015). 地方における中心地区と周辺地区での活動機会の格差に関する実証研究. 第52回土木計画学研究・講演集, No.264. (於: 秋田大学)
  14. 小林晴香, 田中詢紀, 四辻裕文, 喜多秀行 (2015). 資源と資源利用能力に着目した活動機会の確保手段と規定要因に関する研究. 第51回土木計画学研究・講演集, No.168. (於: 九州大学)
  15. 辻谷純, 渡邉友崇, 四辻裕文, 喜多秀行 (2015). 常時観測データに基づく道路の性能評価指標値の推計手法に関する研究. 第51回土木計画学研究・講演集, No.168. (於: 九州大学)
  16. 丸山満帆, 四辻裕文 (2015). 地方部における持続可能な短距離ライドシェアに関する制度分析. 第51回土木計画学研究・講演集, No.168. (於: 九州大学)
  17. 菅洋子, 辻皓平, 四辻裕文, 喜多秀行 (2015). 潜在能力アプローチに基づく公共交通計画の方法論に関する研究. 第51回土木計画学研究・講演集, No.168. (於:九州大学)
  18. 浜中聡士, 喜多秀行, 四辻裕文, 北村和樹 (2015). ドライバーの速度選択行動に基づく道路平面曲線部の事故危険度分析. 土木学会関西支部年次学術講演集, CD-ROM. (於: 摂南大学)
  19. 辻智史, 四辻裕文 (2015). 道路曲・・謚ヤにおける路面側面表示の配列効果に関する実証分析. 土木学会関西支部年次学術講演集, CD-ROM. (於: 摂南大学)
  20. 丸山満帆, 四辻裕文 (2015). 情報制度下での短距離ライドシェアシステムの持続可能性に関する理論分析. 土木学会関西支部年次学術講演集, CD-ROM. (於: 摂南大学)
  21. 菅洋子, 辻皓平, 四辻裕文, 喜多秀行 (2015). 公共交通計画策定のための活動機会の達成度に関する研究. 土木学会関西支部年次学術講演集, CD-ROM. (於: 摂南大学)
  22. 四辻裕文, 北村和樹, 喜多秀行 (2014). 先頭車ドライバーの速度知覚と被追突リスクに着目した路面側面表示の配列効果分析. 第50回土木計画学研究・講演集, No.167. (於: 鳥取大学)
  23. 佐々木邦明, 四辻裕文 (2014). ライドシェアリングとこれからのまちづくり. 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, No.AP-1-1. (於: 徳島大学)
  24. 池宮六季, 喜多秀行, 四辻裕文, 菅洋子 (2014). 公共交通のサービス水準と費用負担の選択に関するモデル分析. 第49回土木計画学研究・講演集, No.354. (於: 東北工業大学)
  25. 田中詢紀, 喜多秀行, 四辻裕文 (2014). 地域の実態に対する認知の差異が共助意識に及ぼす影響に関する一考察. 第49回土木計画学研究・講演集, No.136. (於: 東北工業大学)
  26. 喜多秀行, 浅香遼, 四辻裕文, 渡邉友崇, 辻谷純 (2014). 円滑性と安全性に着目した道路の性能評価指標. 第49回土木計画学研究・講演集, No.385. (於: 東北工業大学)
  27. 北村和樹, 四辻裕文 (2014). 離散型HMMによる速度認識構造表現を通じた横線型減速マーク表示の配列効果の分析. 土木学会関西支部年次学術講演集, CD-ROM. (於: 大阪産業大学)
  28. 池宮六季, 喜多秀行, 四辻裕文, 菅洋子 (2014). 費用負担を考慮した公共交通サービス選択に関するモデルの構築. 土木学会関西支部年次学術講演集, CD-ROM. (於: 大阪産業大学)
  29. 浅香遼, 喜多秀行, 四辻裕文, 辻谷純 (2014). トラフィック機能に着目した道路の性能評価指標の開発. 土木学会関西支部年次学術講演集, CD-ROM. (於: 大阪産業大学)
  30. 越智達也, 喜多秀行, 四辻裕文, 小林晴香 (2013). 移動を伴う活動機会の維持・創出のための包括的支援方策に関する研究. 土木学会関西支・粕N次学術講演集, CD-ROM. (於: 大阪市立大学)
  31. 小野祐資, 四辻裕文, 喜多秀行, 菅洋子 (2013). 公共交通サービスを地域社会で選択するための支援手法. 土木学会関西支部年次学術講演集, CD-ROM. (於: 大阪市立大学)
  32. 小林晴香, 喜多秀行, 四辻裕文 (2013). 包括的支援方策検討のための活動機会の維持・創出状況の分析. 土木学会関西支部年次学術講演集, CD-ROM. (於: 大阪市立大学)
  33. 長田美月, 四辻裕文, 佐々木邦明, 山本理浩 (2013). 人的なネットワークが疎な地域におけるライドシェアの実装上の心理的阻害要因. 第47回土木計画学研究・講演集, No.352. (於: 広島工業大学)
  34. 喜多秀行, 四辻裕文, 小野祐資, 菅洋子, 岸野啓一, 池宮六季 (2013). 公共交通サービスを地域社会で選択するための支援手法. 第47回土木計画学研究・講演集, No.159. (於: 広島工業大学)
  35. 四辻裕文, 喜多秀行, 越智達也 (2013). 被災時の移動制約を考慮した公共交通サービスとモビリティ代替サービスの組合せ-資源と資源利用能力に着目して-. 第47回土木計画学研究・講演集, No.142. (於: 広島工業大学)
  36. 四辻裕文, 喜多秀行, 小林春香 (2013). 資源と資源利用能力に着目した「活動機会へのアクセス方法」の実態とその類型化. 第47回土木計画学研究・講演集, No.348. (於: 広島工業大学)
  37. 四辻裕文, 佐々木邦明, 山本理浩, 長田美月 (2012). 地方部の低密度居住地域における需給層固定型ライドシェアシステム構築の過程で得た課題. 第46回土木計画学研究・講演集, No.362. (於: 埼玉大学)
  38. 四辻裕文, 佐々木邦明, 山本理浩 (2012). 低密度居住地域における需要者・供給者固定型ライドシェアシステムの制度設計に関する研究. 第67回土木学会年次学術講演集, CD-ROM. (於: 名古屋大学)
  39. 四辻裕文, 喜多秀行, 岸野啓一 (2012). 活動機会の保障水準に着目した生活交通サービスの評価方法論に関する研究. 第45回土木計画学研究・講演集, No.223. (於: 京都大学)
  40. 喜多秀行, 野中一人, 岸野啓一, 四辻裕文 (2011). 活動機会の獲得水準に着目した生活交通サービスの定量的な評価方法に関する研究. 第44回土木計画学研究・講演集, No.288. (於: 筑波大学)
  41. 越智達也, 喜多秀行, 岸野啓一, 四辻裕文 (2011). 過疎地域における生活支援サービスの利用実態に関する基礎的研究. 第43回土木計画学研究・講演集, No.211. (於: 筑波大学)
  42. 四辻裕文, 喜多秀行 (2009). ドライバーの速度認識構造を考慮した潜在的事故発生確率の推定モデル. 第40回土木計画学研究講演集, No.93. (於: 金沢大学)
  43. 四辻裕文 (2009). 減速誘導効果をもつ路面標示間隔の設計方法論. 第28回日本道路会議講演集, CD-ROM. (於: 都市センターホテル, 東京)
  44. 織田澤利守, 四辻裕文, 小林潔司 (2002). 遅延リスクと事業評価. 第20回建設マネジメント問題に関する研究発表・討論会講演集, CD-ROM. (於: 土木学会図書館, 東京)
  45. 四辻裕文, 河野辰男, 田中良寛 (1999). TDM実施の有効性・受容性に関する事例調査. 第23回日本道路会議講演集, CD-ROM. (於: 都市センターホテル, 東京)
  46. 四辻裕文, 小林潔司 (1996). Pre-trip情報の提供による交通需要の管理効果. 第51回土木学会年次学術講演集, CD-ROM. (於: 名城大学)

その他

  1. 四辻裕文 (2016). 地方都市における食料品購買機会の格差に関する基礎分析. 基盤研究(A)第2回研究会. (於: 神戸大学東京オフィス)
  2. 四辻裕文 (2015). 制度設計への潜在能力アプローチの適用についての思案. 基盤研究(A)第1回研究会. (於: 神戸大学東京オフィス)
  3. 四辻裕文 (2014). 路面壁面表示の配列操作がドライバーの知覚速度と追従車の追突リスクに及ぼす影響の予測. 平成26年度高速道路調査会研究発表会, 助成研究報告. (於: AP大阪梅田茶屋町)
  4. Sasaki, K., Yotsutsuji, H., Nagata, M. (2013). The feasibility of volunteer-based ride-sharing as the alternative mobility for aged people in a low-density small community in Japan. The US-UC-TU-KU International Joint Seminar in Kumamoto 2013, ポスターセッション. (於: 熊本大学くすの木会館)
  5. 佐々木邦明, 山本理浩, 四辻裕文, 長田美月, 神谷貴浩 (2013). 交通不便地域での互助的交通手段としての乗りあい促進の試みと・サの課題. 第8回日本モビリティマネジメントJCOMM, ポスターセッション. (於: 仙台市民会館)
  6. 四辻裕文 (2012). 潜在能力アプローチで地域公共交通計画を立てる際に私が考える論点について. 潜在能力アプローチと地域公共交通計画に関する論点整理セミナー. (於: 神戸大学)
  7. 四辻裕文, 佐々木邦明, 山本理浩 (2012). 低密度居住地域用モビリティクラウドのご紹介. やまなし産業支援機構 山梨テクノICTメッセ, ポスターセッション. (於: アイメッセ山梨)
  8. 濱田俊一, 曽根真理, 四辻裕文 (1999). 道路事業への評価システム導入に向けての取組み. 政策分析ネットワーク 第1回政策メッセ, ポスターセッション. (於: 中央大学)
店舗写真

information店舗情報

神戸大学大学院
 工学研究科 市民工学専攻
       計画学研究グループ


住所
 〒657-8501
  神戸市灘区六甲台町1-1

個人連絡先
 喜多秀行
  kita[at]crystal.kobe-u.ac.jp
  078-803-6008
 小池淳司
  koike[at]lion.kobe-u.ac.jp
  078-803-6208
 井料隆雅
  iryo[at]kobe-u.ac.jp
  078-803-6360
 織田澤利守
  ota[at]opal.kobe-u.ac.jp
  078-803-6006
 瀬谷創
  hseya[a]people.kobe-u.ac.jp
  078-803-6278
 浦田淳司
  urata[a]person.kobe-u.ac.jp
  078-803-6686
 四辻裕文
  yotsutsuji[a]people.kobe-u.
  078-803-6079
   (E-mailは[at]を@にして下さい)

→研究室へのアクセス