日本語 / English

先端膜工学センター成果発表会 2017

先端膜工学センター
成果発表会
2017


日時:
平成29年4月19日(水)13:00~17:15
会場:
瀧川記念学術交流会館2F 大会議室

発表スケジュール


時間
グループ
発表者
タイトル
13:00~13:30

水処理膜

グループ

佐伯大輔
吉岡朋久
ナノ粒子の自己組織化を利用した粒子積層型無機限外ろ過膜の開発
新規水チャネルとしての環状ペプチドナノチューブの分子シミュレーション
13:30~14:00

ガスバリア膜

グループ

蔵岡孝治
有機-無機ハイブリッドガスバリア膜のガスバリア特性
14:00~14:30

ガス分離膜

グループ

谷屋啓太
神尾英治
Baeyer-Villiger酸化反応におけるBEA型ゼオライトのAl3+の役割
高速CO2分離型イオン液体含有高強度ゲル薄膜の創製
14:30~15:00

塗布膜

グループ

菰田悦之
高分子溶液乾燥過程における粘弾性変化のマイクロレオロジー計測
15:15~15:45
プロセス
グループ
今駒博信
堀江孝史
材料温度変化法による塗膜乾燥速度測定からのフィック型塗膜判別法と拡散係数温度依存性推定法
コイル状中空糸膜の分離性能へ与える振動流の効果
15:45~16:15

有機薄膜

グループ

小柴康子
光スイッチング機能を持つ光導電体/有機強誘電体積層薄膜の特性評価
16:15~16:45

膜バイオ

プロセス

グループ

佐々木建吾
バイオリファイナリー分野における高度膜分離技術の貢献
16:45~17:15

膜材料合成

化学グループ

森 敦紀
精密有機合成を先端膜素材創出へと応用する可能性
成果報告会の当日の写真