日本語 / English
innovation 2015 logo

日時:
平成28年1月20日(水)13:30~17:15
会場:
神戸市産業振興センター3階 ハーバーホール
(神戸市中央区東川崎町1丁目8番4号)

プロジェクトの開始から3年半近くが経過し、最終年度を迎える段階となりました。 この機会に、①本プロジェクトの各メニューの目標及び進捗状況、②本プロジェクトの意義(革新的膜工 学を核として水ビジネスを創出し、併せて地域振興を図る)を基調講演、プロジェクト活動報告を通じて 地域の皆様のご理解をいただくことを趣旨として、「『革新的膜工学を核とした水ビジネスにおけるグ リーンイノベーションの創出』平成27年度活動報告会」を開催致します。


基調講演講師紹介


「新水道ビジョンと国内外の水道事情〜水道が抱える現状と課題、地⽅創⽣に向けた提⾔〜」

「新水道ビジョンと国内外の水道事情〜水道が抱える現状と課題、地⽅創⽣に向けた提⾔〜」

厚⽣労働省 医薬・⽣活衛⽣局 ⽣活衛⽣・食品安全部

水道課⻑  宮崎  正信  氏

日本の水道⾏政を牽引されており、日本の水道業界を挙げた水道管路更新の取組みにおいて、旗振り役を務められている。今回は、厚⽣労働省が掲げる「新水道ビジョン」と水ビジネスの今後を⾒据えた「国内外の水道事情」についてご講演頂くと共に、健全な水道を持続させて次世代に引き継ぐために、地域の自治体・大学・企業に対して期待することを時間の許す限り熱く語って頂く。

プログラム


13:30 - 13:40
主催者挨拶
兵庫県神⼾大学理事副学⻑
小川 真人
13:40 - 13:45
来賓挨拶
⽂部科学省 科学技術・学術政策局 産業連携・地域支援課 地域支援企画官
次田 彰 氏
13:45 - 14:30
基調講演

新水道ビジョンと国内外の水道事情 〜水道が抱える現状と課題、地⽅創⽣に向けた提⾔〜
⽣労働省 医薬・⽣活衛⽣局 ⽣活衛⽣・食品安全部 水道課⻑
宮崎 正信 氏
14:30 - 17:10
地域イノベーション戦略支援プログラムの活動報告
 
ー 事業概要 ー

産業創造研究機構 プロジェクトディレクター
時本 博司
 
ー 神⼾大学の取組み ー

革新的な⾼性能分離膜と膜分離プロセスの開発
神⼾大学大学院工学研究科
教授
松山 秀人
 
ー 神⼾大学の取組み ー

正浸透(FO)膜法による次世代型水処理技術の開発
神⼾大学大学院工学研究科
特命助教
安川 政宏
 
ー 神⼾大学の取組み ー

嫌気性MBRとFO膜法を⽤いた創エネルギー型下水処理システムの開発
神⼾大学大学院工学研究科
特命助教
三好 太郎
 
ー 兵庫県⽴大学の取組み ー

キトサン様バイオ凝集剤の大量⽣産への取り組み
兵庫県⽴大学大学院工学研究科
准教授

武尾 正弘
 
ー 兵庫県⽴大学の取組み ー

放射性セシウムおよびストロンチウムの新規同時吸着剤の開発
兵庫県⽴大学大学院工学研究科
准教授
⻄岡 洋
 
ー 人材育成の取組み ー

神⼾大学連携創造本部
特命准教授
⻫藤 正男
 
ー 研究設備共⽤化の取組み ー

神⼾大学大学院工学研究科
特命助教
⾼橋 智輝
 
ー 参画企業の取組み ー

積水化学工業㈱の膜処理システムへの取組みについて
積水化学工業㈱ 環境・ライフラインカンパニー 開発研究所
水浄化プロジェクトヘッド
大杉 ⾼志
 
ー 参画企業の取組み ー

神鋼環境ソリューションの膜処理技術実⽤化の取組みについて
㈱神鋼環境ソリューション 技術開発センター 水・汚泥技術開発部
部⻑
髙橋 円
17:10 - 17:15
閉会挨拶
兵庫県⽴大学
副学⻑
太田 勲
17:30 - 19:00
交流会
料理企画協⼒:
ハートスフードクリエーツ株式会社