日本語 / English

膜材料合成化学グループ / 膜材料合成のための高分子合成反応開発



高分子合成においては,目的とする分子構造のモノマーを重合し,均一な分子量分布で自在に分子量を制御して高分子化合物を得ることが重要な課題です。また,機能を発現する官能基を側鎖に導入した際に,重合の反応条件に官能基が耐えうる高分子合成反応を開発することも非常に重要です。本研究では,ヘテロ芳香族化合物をモノマーとするクロスカップリングを利用する重合反応の開発に取り組んでいます。

 最近は,ポリチオフェン合成においてチオフェン環側鎖にシロキサン基を有するモノマーを設計し重合することで,通常はポリチオフェンでは貧溶媒として知られる炭化水素にも可溶となるポリチオフェン誘導体を得ることに成功したり,水溶性のポリチオフェンを合成することに取り組んでいます。