日本語 / English

膜材料合成化学グループ / 膜材料創製のための機能設計



膜材料における機能発現のためには,モノマーとなる化合物の分子設計が重要です。本研究では,異なる種類のモノマーから構成される高分子の共重合体として,異種モノマーが互いに結合した交互共重合体,複数のモノマー繰り返し単位がブロックを形成するブロック共重合体,側鎖に枝分かれ構造をもつグラフト共重合体などを自在に合成する高分子合成法開発とともに,得られたポリマーの機能発現およびポリマーの微粒子を合成し水中に分散した状態からの塗布膜形成をめざしています。

 最近では,ポリチオフェン誘導体の種々の共重合体などから均一な粒径を有する球状微粒子を調製することをめざしています。