神戸大学大学院保健学研究科 本文へジャンプ
教員紹介
教授 齋藤 いずみ 

主な研究テーマ
 分娩および周産期に関連する「安全と質」に関する研究
 全般分娩時に看護時間と看護行為の検証による安全と質の研究
 分娩の医学経過と助産師の臨床判断基準
 分娩時の産婦の満足
 周産期の看護と医療経済分析
 周産期におけるアロマテラピーの効果
 国内外の周産期医療システムと助産学教育
 妊産褥婦の体重の推移と看護
 女性の尿失禁とQOLに関する研究
 周産期のデータに基づく看護人員配置に関する研究

 研究内容はこちら

メッセージ
 母性看護学・助産学の分野から、女性や市民の皆さんに、本当に役にたつ研究を発信します。私自身も助産師として外来や分娩に携わり、そこからいい研究が生まれると考えています。学部の学生さんが「母性看護学領域の講義を聴いてみたいなあ」、大学院の学生さんが「あのグループで研究がしたいなあ」と思って下さるような、前向きなエネルギーと魅力にあふれる母性看護学グループでありたいと思います。また、ひとりの助産師・看護師として、命と深く向き合える自分自身でありたいと思います。
連絡先
 izumi-saito★kitty.kobe-u.ac.jp ご連絡の際には、★を@に変えて下さい。
准教授 千場 直美 

研究テーマ等はこちら
准教授 新野 由子 

主な研究テーマ
 生涯をと通じた女性の健康に関する政策・施策、母子保健や保健医療に関する政策・施策に関する研究に興味があります。今まで取り組んできた研究は以下に示します。
 不妊治療を受ける患者に対する支援のあり方に関する研究 第1報
 不妊治療を受ける患者に対する支援のあり方に関する研究 第2報 
−意識調査と自由記載からうかがえる不妊患者の特性と望む支援−
 若年女性の健康を考える 子宮頚がん予防ワクチン接種の意義と課題
 
出産施設におけるサービス提供のあり方に関する研究
 The increasing cesarean rate globally and what we can do about it
 医師の勤務条件および職場環境に関する病院勤務医の意向調査
 病院における高齢者への退院支援の実施状況の調査 在宅ケア事業所の関与に着目して
 
出産が安全で安心できる環境で行われるために −講義概要と看護学生の反応を中心に−
 
高大連携支援事業における母性看護学の体験プログラムとその効果−高校生と看護学生の相互学習を通じて
 
子ども・家族支援センターのプレママ教室における妊婦への評価
 
助産外来、院内助産の開設期の実際  等
 研究内容はこちら
連絡先
 
niino★gold.kobe-u.ac.jpご連絡の際には、★を@に変えてください。
助教 戸田 まどか

主な研究テーマ
 NICUに入院した子どもと家族への継続的支援について
 
 研究内容はこちら
メッセージ
 新しく生まれるいのちとその家族のスタートを支援できる助産師・看護師として、どのようなかたちでの支援が求められ、またそのための看護とは何かを考え、教育や研究に取り組んでいます。
連絡先
 m-toda★harbor.kobe-u.ac.jp ご連絡の際には、★を@に変えてください。
助教 岩ア 三佳

主な研究テーマ
 災害時における、妊産婦支援
 産科混合病棟における看護の質の評価
 途上国における母子保健
 大学生における親準備性に関して
 研究内容はこちら
メッセージ
 海外で2年間母子保健活動に従事して、「ひと」の多様性を改めて実感しました。そんな中で、よい看護というものを、ケアをする側、受ける側どちらか一方向ではなく、双方向からみてよいケアとは何なのかについて考えて行きたいと思っています。
 また最近は、シミュレーション教育や災害時における母子保健に関しても関心を持ち活動をしています。
連絡先
mika-iwasaki★ruby.kobe-u.ac.jp ご連絡の際には、★を@に変えてください。
助教 清水 彩

主な研究テーマ
 周産期におけるファミリーセンタードケアの取り組み
 (Family-centerd care approach at perinatal center)
 早産児の過ごす音環境
 (Sound enviroment within an occupied closed incubator)
 ハイリスク妊産褥婦を支援する他(多)職種協働
 (Interprofessional work to support high risk pregnant women)
 研究内容はこちら
メッセージ
 赤ちゃんを囲んだご家族のほんわかした空間に居合わせることができる魅力から、周産期で働くことを決めました。また、臨床では多くのご家族の出会いに恵まれました。現在は、赤ちゃんやご家族、そして看護職に役立つ情報を発信していくとともに、これから周産期で働くことをめざす看護職の誕生を支えるべく、教育・研究に従事しています。神戸大学内外問わず、気軽にご連絡ください。
連絡先
asimizu★penguin.kobe-u.ac.jp ご連絡の際には、★を@に変えてください。