HOME > メンバー紹介 > 饗場 篤

メンバー紹介

饗場 篤 Aiba Atsu

所属・職名医学研究科医科学専攻 分子遺伝学分野・教授
E-mail
TEL/FAX078-382-5600 / 078-382-5619
研究室ホームページhttp://www.med.kobe-u.ac.jp/cell/index.html

研究テーマとその内容

  1. 遺伝子操作マウスを用いた神経可塑性、神経回路形成、運動学習の解析
    我々は小脳プルキンエ細胞で発現する代謝型グルタミン酸受容体mGluR1のノックアウトマウス、スプライスバリアント特異的レスキューマウス、さらには時期特異的遺伝子発現マウスを作製・解析し、mGluR1のシグナル伝達およびmGluR1分子の神経可塑性、神経回路形成、運動学習における機能を明らかとしてきた。現在、mGluR1に結合する複合体蛋白質の網羅的解析をプロテオミクスおよび遺伝学的手法により行っている。また、mGluR1の発現をドキシサイクリンの投与・非投与によって調節できるmGluR1コンディショナルノックアウトを用いて神経回路形成の臨界期等を決定している。
  2. 低分子量G蛋白質Racの機能解析
    我々はRac1を部位特異的にノックアウトするマウスを作製し、Rac1の中枢神経系や表皮での機能を解析している。その結果、Rac1がプルキンエ細胞シナプスの形成・維持、交連線維の軸索伸長、大脳皮質神経細胞の細胞移動に関与していることを明らかにした。現在、Rac1およびRac3に結合する蛋白質の網羅的解析を行い、これらの表現型がどのような下流分子によって説明できるかを検討している。

GCOE関連代表論文

  1. Metabotropic glutamate receptor subtype-1 is essential for motor coordination in the adult cerebellum.
    Neurosci Res, 57, 538-543, 2007.
  2. Ito, K., Kawasaki, T., Takashima, S., Matsuda, I., Aiba, A., and Hirata, T.
    Semaphorin 3F confines ventral tangential migration of lateral olfactory tract neurons onto the telencephalon surface.
    J Neurosci, 28, 4414-4422, 2008.
  3. Kasai, H., Terashima, T., Fukaya, M., Nakao, K., Sakahara, M., Watanabe, M., and Aiba, A.
    Rac1 in cortical projection neurons is selectively required for midline crossing of commissural axonal formation.
    Eur J Neurosci, 28, 257-267, 2008.
  4. Ohtani, Y., Harada, T., Funasaka, Y., Nakao, K., Takahara, C., Abdel-Daim, M., Sakai, N., Saito, N., Nishigori, C., and Aiba, A.
    Metabotropic glutamate receptor subtype-1 is essential for in vivo growth of melanoma.
    Oncogene, 27, 7162-7170, 2008.
  5. Inoue, N., Nakao, H., Migishima, R., Hino, T., Matsui, M., Hayashi, F., Nakao, K., Manabe, T., Aiba, A., and Inokuchi, K.
    Requirement of the immediate early gene vesl-1S/homer-1a for fear memory formation.
    Mol Brain, 2, 7, 2009