HOME > メンバー紹介 > 伊藤 俊樹

メンバー紹介

伊藤 俊樹 Itoh Toshiki

所属・職名医学研究科医科学専攻・准教授
E-mail
TEL/FAX078-382-5411 / 078-382-6271
研究室ホームページhttp://www.med.kobe-u.ac.jp/membrane/index.html

研究テーマとその内容

細胞膜やオルガネラ膜を構成する生体膜は、細胞内外で物質の自由拡散を制限する生命にとって必要不可欠の構造です。物性の面から見ると、両親媒性の脂質分子が並んだ脂質二重層である生体膜はその高度な柔軟性によって平面、球状、チューブ状など多様な形態をとることが出来ます。実際、細胞膜およびオルガネラ膜の形態は実に多様であり、また細胞内外への物質輸送(分泌、取り込み)あるいはオルガネラ間の物質輸送における生体膜の形状変化は、実にダイナミックにコントロールされています。
私たちはこのような、生体膜曲面の(1)誘導、(2)維持、(3)認識を行う一連のタンパク質群の同定と機能解析を進めています。これらのタンパク質が細胞の必要に応じて生体膜に結合し、その形状を変えることによって、基本的な生命現象を制御するメカニズムを解明しようとしています。

GCOE関連代表論文

  1. Itoh, T., Hasegawa, J., Tsujita, K., Kanaho, Y., and Takenawa, T.
    The tyrosine kinase Fer is a downstream target of the PLD-PA pathway that regulates cell migration.
    Sci. Signal. 2 (87), ra52 2009
  2. Itoh, T., and Takenawa, T.
    Mechanisms of membrane deformation by lipid-binding domains.
    Prog. Lipid Res.48 (5), 298-305 2009
  3. Oikawa, T., Itoh, T., and Takenawa, T.
    Sequential signals toward podosome formation in NIH-src cells.
    J. Cell Biol.182 (1), 157-169 2008