HOME > メンバー紹介 > 三木 隆司

メンバー紹介

三木 隆司 Miki Takashi

所属・職名千葉大学大学院 医学研究院 自律機能生理学・教授
E-mail
TEL/FAX043-226-2029 / 043-226-2034
研究室ホームページhttp://www.m.chiba-u.ac.jp/class/physiol/

研究テーマ

多くの内分泌細胞・神経内分泌細胞・神経細胞では、ホルモンや神経伝達分子は、分泌顆粒に取り込まれ、顆粒に包まれて状態で細胞膜まで運搬され、分泌の最終ステップである開口放出により細胞外へと分泌される。三木の所属する医学系研究科細胞分子医学研究室では、これまで、膵β細胞からのインスリン分泌の分子メカニズムやその調節機構についての研究を続けてきた。具体的には、膵β細胞における刺激-分泌連関に中心的な役割を果たすATP感受性(KATP)K+チャネルや、インスリン顆粒の開口放出関連蛋白であるRim2やNoc2など分泌制御に関与する分子の遺伝子改変マウスを作製・解析することにより、膵β細胞における刺激-分泌連関や、細胞膜の融合によりおこる開口放出のメカニズムを解明している。また最近は、分泌顆粒などの小胞輸送について、個体レベル、細胞レベル、分子レベルの解析を行っている。

    GCOE関連代表論文

  1. Fujimoto, W., Shiuchi, T., Miki, T., Minokoshi, Y., Takahashi, Y., Takeuchi, A., Kimura, K., Saito, M., Iwanaga, T., and Seino, S.
    Dmbx1 is essential in agouti-related protein action. Proc.
    Natl. Acad. Sci. U S A. 104, 15514-15519. 2007
  2. Shibasaki, T., Takahashi, H., Miki, T., Sunaga, Y., Matsumura, K., Yamanaka, M., Zhang, C., Tamamoto, A., Satoh, T., Miyazaki, J-I., and Seino, S.
    Essential role of Epac2/Rap1 signaling in regulation of insulin granule dynamics by cAMP.
    Proc. Natl. Acad. Sci. U S A. 104(49):19333-193338. 2007
  3. Seino, Y., Miki, T., Kiyonari, H., Abe, T., Fujimoto, W., Kimura, K., Takeuchi, A., Takahashi, Y., Oiso, Y., Iwanaga, T., and Seino, S.
    Intestine specific homeobox (ISX) participates in the maintenance of vitamin A metabolism by regulation of beta-carotene 15, 15'-monooxygenase (bcmo1) expression.
    J. Biol. Chem. 283(8):4905-4911. 2008
  4. Fujimoto, W., Miki, T., Ogura, T., Zhang, M., Seino, Y., Satin, L.S., Nakaya, H., and Seino, S.
    Niflumic acid-sensitive ion channels play an important role in the induction of glucose-stimulated insulin secretion by cyclic AMP in mice.
    Diabetologia 52:863-872. 2009
  5. Zhang, C.L., Katoh,M., Shibasaki, T., Minami, K., Sunaga, Y., Takahashi, H., Yokoi, N., Iwasaki, M., Miki, T., and Seino, S.
    The cAMP sensor Epac2 is a direct target of antidiabetic sulfonylurea drugs.
    Science 325:607-610. 2009