HOME > メンバー紹介 > 齋藤 尚亮

メンバー紹介

齋藤 尚亮 Saito Naoaki

所属・職名自然科学系先端融合研究環バイオシグナル研究センター 分子薬理分野・教授
E-mail
TEL/FAX078-803-5961 / 078-803-5971
研究室ホームページhttp://www.research.kobe-u.ac.jp/brce-saito/

研究テーマ

脂質メッセンジャーによる情報伝達、特に神経における情報伝達系の機能解析およびその異常による神経疾患発症メカニズムの研究を中心に研究を行っています。中でもプロテインキナーゼCやジアシルグリセロールキナーゼなどの脂質メッセンジャー関連酵素群を中心にそれらの神経系における機能を、ライブイメージング技術を駆使して解明しようとしています。つまり、これらの酵素が、脂質メッセンジャーと呼ばれる情報伝達因子に、「いつ」、「どこで」、「どのように」して結合し、「どのような細胞応答」を引き起こすかを、生きた細胞内でこれらの分子を可視化することにより明らかにしようとしています。そのために培養細胞内でのライブイメージングはもとより、蛍光標識蛋白を、脳部位特異的、時期特異的に発現するマウスを作製し、神経ネットワークを保持した状態で脳高次機能と分子の動態を同時観察し、各分子の役割を時間的・空間的に解析しています。さらに、情報伝達因子の異常による神経疾患(小脳脊髄変性症など)の発症メカニズムをイメージングや遺伝子操作動物を用いて解析し、これら疾患の治療薬の開発を目指しています。
また、細胞膜上で複数の構成成分の相互作用によって初めて機能する分子群、NADPH oxidase complexの機能解析も行っている。

GCOE関連代表論文

  1. Ueyama, T., Tatsuno, T., Kawasaki, T., Tsujibe, S., Shirai, Y., Sumimoto, H., Leto, TL., and Saito, N.
    A regulated adaptor function of p40phox: distinct p67phox membrane targeting by p40phox and by p47phox.
    Mol. Biol. Cell , 18:441-454 2007
  2. Merino, E. Avila-Flores, A., Shirai, Y., Moraga, I., Saito, N., and Merida, I.
    Lck-dependent tyrosine phosphorylation of DGK alpha regulates its membrane association in T cells.
    J. Immunol.180:5805-5815, 2008
  3. Ueyama, T., Kusakabe, T., Karasawa, S., Kawasaki, T., Shimizu, A., Son J-H, Shirai, Y., Leto, TL., Miyawaki, A., and Saito, N.
    Sequential targeting of p67phox to phagosomes by regulated conformational changes of adaptors evaluated by the novel monometric Kusabira Green system.
    J. Immunol. 181:629-40, 2008
  4. Adachi, N., Kobayashi, T., Takahashi, H., Kawasaki, T., Shirai, Y., Ueyama, T., Matsuda, T., Seki, T., Sakai, N., and Saito, N.
    Enzymological analysis of mutant protein kinase Cγ causing spinocerebellar ataxia type 14 and its dysfunction in Ca2+ homeostasis.
    J. Biol. Chem. 283: 19854-19863, 2008
  5. Yu Nakagawa, Y. Yanagita, RC, Hamada, N., Murakami, A., Takahashi, H., Saito, N., Nagai, H., and Irie, K.
    A Simple Analog of Tumor-promoting Aplysiatoxin Is an Antineoplastic Agent rather than a Tumor Promoter: Development of a Synthetically Accessible PKC Activator with Bryostatin-like Activity.
    J Am. Chem. Soc. 131:7573-7579,2009