HOME > メンバー紹介 > 吉川潮

メンバー紹介

吉川 潮 Kikkawa Ushio

所属・職名自然科学系先端融合研究環バイオシグナル研究センター・教授
E-mail
TEL/FAX078-803-5964 / 078-803-5972
研究室ホームページhttp://www.biosig.kobe-u.ac.jp/

研究テーマ

タンパク質リン酸化反応はシグナル伝達における主要なリレー・増幅機構であり、ヒトゲノムには500種類を超えるプロテインキナーゼ遺伝子がコードされている。細胞膜シグナル伝達においても様々なプロテインキナーゼが関与していることが知られているが、本事業推進担当者のグループでは受容体刺激により産生されるリピッドメッセンジャーにより活性化を受けるPKCおよびPKB/Aktについて解析を行う。また、細胞環境中の栄養状態(アミノ酸やグルコースの濃度変化)からのシグナルを感知すると推定されているmTORやAMPKによる細胞機能の制御について検討を行う。

GCOE関連代表論文

  1. Oshiro, N., Takahashi, R., Yoshino, K. Tanimura, K., Nakashima, A., Eguchi, S., Miyamoto, T., Hara, K., Takenhana, K., Avruch, J., Kikkawa, U., and Yonezawa,K.
    The proline-rich Akt substrate of 40 kDa (PRAS40) is a physioligical substrate of mammalian target of rapamycin complex 1.
    J.Biol.Chem.,282,20329-20339,2007,7
  2. Huang, C.C, Wang, J.M., Kikkawa, U., Mukai, H., Shen, M.R., Morita, I., Chen, B.K., and Chang, W.C.
    Calcineurin-mediated dephosphorylation of c-Jun Ser-243 is required for c-Jun protein stability and cell transformation.
    Oncogene,27, 2422-2429,2008.4
  3. Miyamoto, T., Oshiro, N., Yoshino, K., Nakashima, A., Eguchi, S., Takahashi, M., Ono, Y., Kikkawa, U., and Yonezawa, K.
    AMP-activated protein kinase phosphorylates Golgi-specific brefeldin A resistance factor 1 at Thr1337 to induce disassembly of Golgi apparatus.
    J. Biol. Chem.in press, 2007.12.
  4. Hashimoto, T., Yamauchi, L., Hunter, T., Kikkawa, U. and Kamada, S.
    Possible involvement of caspase-7 in cell cycle progression at mitosis.
    Genes Cells 13, 609-621,2008.6
  5. Eguchi, S., Oshiro, N., Miyamoto, T., Yoshino, K., Okamoto, S., Ono, T., Kikkawa, U., and Yonezawa, K.
    AMP-activated protein kinase phosphorylates glutamine:fructose-6-phosphate amidotransferase 1 at Ser243 to modulate its enzymatic activity.
    Genes Cells14, 179-189, 2009.2