HOME > メンバー紹介 > 林 茂生

メンバー紹介

林 茂生 Hayashi Shigeo

所属・職名理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター
形態形成シグナル研究グループ
E-mail
TEL/FAX078-306-3185 / 078-306-3183
研究室ホームページhttp://www.cdb.riken.jp/signal/

研究テーマとその内容

上皮細胞による形態形成
動物の発生においては胚の表面を覆う外胚葉上皮のシートが折りたたみ、脱離、脱上皮化などの過程を経て各種の器官が形成されます。その際には細胞間のシグナリングと接着によるコミュニケーションによる形態形成運動の制御が重要な役割を果たします。我々は遺伝学的解析が可能なキイロショウジョウバエを材料として上皮組織の接着と運動に関わるシグナル分子の役割を追求しています。ショウジョウバエの組織は小さく透明で蛍光蛋白質を用いた細胞標識による高解像度のライブ撮影が可能です。
この利点を生かして管状上皮のネットワークである気管系、成虫原基、神経細胞などを対象に細胞とその微細構造(細胞骨格、細胞間接着装置、小胞)の動態とその制御に留意して研究を進めています。

代表的論文

  1. Kato, K., Chihara, T., Hayashi, S., (2004) Hedgehog and Decapentaplegic instruct polarized growth of cell extensions in the Drosophila trachea. Development 131:5253-5261.
  2. Sakata , T., Sakaguchi, H., Tsuda, L., Higashitani, A., Aigaki, T., Matsuno, K., and Hayashi, S. (2004). Drosophila Nedd4 regulates endocytosis of Notch and suppresses its ligand-independent activation. Current Biology 14:2228-2236.
  3. Oshima, K., Takeda, M., Kuranaga, E., Ueda, R., Aigaki, T., Miura, M. and Hayashi, S. (2006) IKKε Regulates F Actin Assembly and Interacts with Drosophila IAP1 in Cellular Morphogenesis. Current Biology 16:1531-1537.
  4. Wada, A., Kato, K., Uwo, FM., Yonemura, S. and Hayashi, S. (2007) Specialized extraembryonic cells connect embryonic and extraembryonic epidermis in response to Dpp during dorsal closure in Drosophila. Developmental Biology 301:340-349
  5. Inoue, Y., Hayashi, S. (2007) Tissue-specific laminin expression facilitates integrin-dependent association of the embryonic wing disc with the trachea in Drosophila. Developmental Biology 304:90-101
  6. Kondo,T., Hashimoto,T., Kato,K., Inagaki,S., Hayashi,S., Kageyama,Y.(2007) Small peptide regulators of actin-based cell morphogenesis encoded by a polycistronic mRNA Nature Cell Biology 9(6):660-665