神戸大学テニュアトラックプログラムについて

神戸大学テニュアトラックプログラムの特徴

神戸大学テニュアトラックプログラムの概要

本学は、「学理と実際の調和」を理念とし、進取と自由の精神がみなぎる学府であります。この伝統を発展させ、様々な連携・融合の力を最大限に発揮する卓越研究大学として世界最高水準の教育研究拠点を構築し、現代及び未来社会の課題を解決するための新たな価値の創造に挑戦し続けることを目標としていています。

研究力強化に向けた優れた若手研究者の拡充の一環として「神戸大学テニュアトラックプログラム」を導入しました。本学ではテニュアトラック教員の人材像を「卓越した研究力と教育力と国際性を持ち合わせた人間性豊かな研究者」とし、研究力・教育力・国際性・人間性のバランスの取れた卓越した若手研究者を育成することを目指しています。
現在、自主的取り組みとJST「テニュアトラック普及・定着事業」の支援を受け、神戸大学テニュアトラックプログラムを運営しております。

神戸大学テニュアトラックプログラムの特徴

学長ビジョンである先端研究・文理融合研究で輝く若手研究者を育成するために、
大学改革と将来構想を見据えた部局主導のテニュアトラック制度を全学的に支援しております。

1.大学の研究力強化やミッションの再定義に資する取組

2.研究者の多様性と次世代分野を見据えた将来人事構想

3.優秀な若手を育てる制度設計の観点

上記の取組を推進する部局へ集中的に資金面や人的な支援を行い、
神戸大学の研究力強化につながるテニュアトラックの制度設計を行っています。

© 2015 Kobe University Tenure-Track Program