神戸大学テニュアトラックプログラムについて

組織・沿革

1. 神戸大学テニュアトラック運営委員会

学長直下にテニュアトラック運営委員会を設置しました。本部委員会の役割は、全学的なテニュアトラック制度設計、部局でのテニュアトラック教員採用・審査に関わる承認、部局での円滑な運営のための研究環境の整備や運営費の補助、テニュアトラック教員の人材育成の全学的な企画・実施を担っています。

2. 部局の体制

部局では部局長を筆頭としたテニュアトラック運営委員会を設置し、本部委員会と連動を図ることで、テニュアトラック制度の精緻化を図っています。採用・審査等に加え、メンターチームの形成等を行うとともに、独立した研究スペース、研究費の確保等に配慮し、部局でのテニュアトラック制の運営を支援しております。

3. 運営の支援体制

テニュアトラック制を円滑に運営するため学術戦略企画室(URA室)と連携創造本部が中心となり、若手研究者育成に関するセミナー開催、外部資金獲得支援、共同研究推進支援等を行っております。

© 2015 Kobe University Tenure-Track Program