ロゴ

教員紹介

川井浩史(教授)

専門分野 藻類学,海洋生物学,系統進化学
研究テーマ ・海藻類の進化,分類,系統地理
・褐藻類のゲノムと細胞構造
・沿岸生態系,特に海藻類植生の長期モニタリング
・移入海藻類の遺伝的多様性と生物地理
E-mail kawai@kobe-u.ac.jp
学生へのひとこと

岡村秀雄(教授)

専門分野 海事環境管理学,環境毒性学
研究テーマ ・船底防汚剤の海洋環境管理
・船舶排ガスが海洋生態系に及ぼす影響評価
・バイオモニタリング手法の開発および実環境の汚染評価
E-mail okamurah@maritime.kobe-u.ac.jp
学生へのひとこと 生活に身近な水の汚れを,化学と生物で分析しましょう。

兵頭政幸(教授)

専門分野 古環境学,古地磁気学
研究テーマ ・東アジアモンスーン域の古環境・古気候・古海洋
E-mail mhyodo@kobe-u.ac.jp
学生へのひとこと 長い時間をかけて変化する自然の姿を知ろう。

村上明男(准教授)

専門分野 光生理学、生体分光学、海洋生物学
研究テーマ ・シアノバクテリアの光合成システムの適応・進化
・藻類の光合成色素系の進化
・海産無脊椎動物の光合成共生システム
E-mail akiomura@kobe-u.ac.jp
学生へのひとこと 海の生き物の不思議さと面白さを実感しましょう。

林 美鶴(准教授)

専門分野 海洋学,海洋気象学
研究テーマ ・数値生態系モデルによる基礎生産環境の解析と予測
・津波が引き越す海洋環境擾乱に対するレジリエンス
・船舶による海洋・気象観測と船舶観測ビッグデータ利用
・地球温暖化に対する沿岸海洋のインパクト
E-mail mitsuru@maritime.kobe-u.ac.jp
学生へのひとこと 環境の空間コントラストが大きな大阪湾を,全長約50mの船舶(深江丸)で往復して,物理場と生化学環境の両面から内湾環境を考察してみましょう。

佐藤拓哉(准教授)

専門分野 群集生態学
研究テーマ ・ハリガネムシ類による宿主の行動改変が駆動する生態系間相互作用
・寄生者群集が改変するエネルギー流と群集の安定性
・生物の個体発生に伴う生態学的役割の変化と種多様性
・河川性サケ科魚類の保全生態学的研究
E-mail tsato@people.kobe-u.ac.jp
学生へのひとこと 生態系は単独では成立しえません。実習を通して,生態系間のつながりを実感しましょう!

坂山英俊(准教授)

専門分野 藻類学,系統分類学,生物多様性情報学
研究テーマ ・淡水藻類(車軸藻類など)の系統分類,種分化,DNAバーコーディング
・シャジクモ藻類から陸上植物への進化の鍵となった遺伝子進化
・淡水生態系における絶滅危惧種の生育分布調査と保全
E-mail hsak@port.kobe-u.ac.jp
学生へのひとこと 実習などを通して生物多様性について学びましょう。

羽生田岳昭(助教)

専門分野 藻類の進化系統学,生物地理学
研究テーマ ・大型藻類の系統分類及び生物地理に関する研究
・移入海藻類の遺伝的多様性と生物地理に間する研究
・海藻類植生の長期モニタリングに関する研究
E-mail hanyut@kobe-u.ac.jp
学生へのひとこと 実習を通して淡路島の自然や生物に触れながら一緒に学びましょう。

浅岡 聡(助教)

専門分野 環境修復学,環境分析化学,水圏環境化学
研究テーマ ・リサイクル材料を用いた沿岸域の環境修復
・簡易分析法の開発
・沿岸域の環境評価
E-mail s-asaoka@maritime.kobe-u.ac.jp
学生へのひとこと 海洋観測・実験を通して共に海を体感しましょう。

鈴木雅大(特命助教)

専門分野 藻類学,分類学
研究テーマ ・海産紅藻類の分類学的研究〜新種・新産種の記載・報告〜
E-mail mas_suzuki@shark.kobe-u.ac.jp
学生へのひとこと 生き物に対する限りない興味と愛着を持って欲しいです。マリンサイトは生き物を学ぶ絶好のスポットです。