戻る

第71回MURオープンゼミナール
日 時 2004年4月17日(土) 13:30〜16:30
内 容
インド・グジャラート地震/イラン南東部地震 
都市・住宅復興の現状と課題 パート2
(1)インド・グジャラート地震後の復興について
  ラジブ・ショウ(京都大学地球環境学堂)
(2)イランにおける災害対策
  ジーラ・プーヤン(神戸大学都市安全センタ−)
(3)インド、イランの復興対策の比較
  永松伸吾(人と防災未来センター)          
場 所 こうべまちづくり会館2階ホール
〒650-0022 神戸市中央区元町通4丁目2番14号
元町の商店街に面してあります。JR元町駅から西へ約500m。
地下鉄海岸線みなと元町駅、高速花隈駅からは、約100m
備 考

このオープンゼミナールは、下記の主催・共催として、多くの方々に案内しています。

主催・住宅再建・被災地復興システム研究会
     657-8501 神戸市灘区六甲台町
    神戸大学 都市安全研究センター
            TEL:078-803-6440 FAX:078-803-6440 
共催・こうべまちづくりセンター

参加者 25名


インド・グジャラート地震/イラン南東部地震 
都市・住宅復興の現状と課題 パート2
(1)インド・グジャラート地震後の復興について
  ラジブ・ショウ(京都大学地球環境学堂)
  ・地震の概要
  ・回復の歩みと都市部の復興計画
  
(2)イランにおける災害対策
  ジーラ・プーヤン(神戸大学都市安全センタ−)
  ・バム地震の調査報告(建物構造別被害状況、人口移動)

(3)インド、イランの復興対策の比較
  永松伸吾(人と防災未来センター)
  ・バム地震の復興対策、経済復興調査




 毎日新聞 2004年4月18日(地域ニュース)より
連絡先:神戸大学室崎・北後研究室
     TEL 078-803-6009 または 078-803-6440
MURオープンゼミナールは、広く社会に研究室の活動を公開することを企図して、毎月1回、原則として第1土曜日に開催しているものです。研究室のメンバーが出席するとともに、卒業生、自治体の都市・建築・消防関係の職員、コンサルタントのスタッフ、都市や建築の安全に関心のある市民等が参加されています。興味と時間のある方は遠慮なくご参加下さい。