神戸大学/丹波豪雨災害被災者支援ボランティア募集サイト

豪雨災害となった丹波でのボランティア活動ご協力をお願いします
<第6回ボランティアバス「丹波便」>
2014年8月16日の兵庫県丹波市の豪雨災害により、丹波市内では土砂崩れや家屋への浸水が多数発生しました。今回は、災害に伴う全体の被害がわかる被災地図を、現地の小学生が書いてくれたメッセージと合わせて、
地域の被災住宅の外壁にモニュメントとして設置し、今までの活動の成果を地域に還元する大学生ならではのボランティア活動を行います。
  • 当日の活動内容・準備など:詳細を確認する》
  • 日付:2015年8月13日(木)
  • 時間:午前8時集合~16時頃解散
  • 集合・解散場所:JR六甲道駅東トヨタレンタリース
       アクセスマップ:https://goo.gl/maps/NxSSp
  • 募集人数:4名 (募集締め切り:2015年8月12日(水)15時)
  • 参加費:無料(必要な昼食・飲料は自分でお持ちください)
     ※ボランティア活動保険(500円)に未加入の場合は自己負担です。
  • 主催:神戸大学都市安全研究センター
  • 協力:
    • 学生ボランティア支援室
    • 人間発達環境学研究科 ヒューマン・コミュニティ創成研究センター
    • 2014年丹波市豪雨災害被災地図づくり連携
  • お問い合わせ:都市安全研究センター(担当:熊崎、アベウ)



この募集サイトの作成担当

神戸大学都市安全研究センター



活動報告
  • 第1回丹波ボランティアバス(2014年9月12日)
    主催:人間発達環境学研究科
    協力:都市安全研究センター・学生ボランティア支援室
    第1回ボランティアバスでは、総勢37名で丹波市に向かい、泥だし活動が行われました。主な活動は、側溝の泥だし、土砂でつぶれた蔵の解体作業、大きな古い家の泥だし、洗浄、新築の新婚さんの新しい家の清掃でした。現地では見た目の泥は減ってはきているものの、まだまだ厳しい状況にあり、継続的な活動が必要とされています。

第1回丹波ボランティアバス(2014年9月12日)

  • 第2回丹波ボランティアバス(2014年9月29日)
    主催:学生ボランティア支援室
    協力:都市安全研究センター・人間発達環境学研究科 ヒューマン・コミュニティ創成研究センター
    ※活動報告の内容は追ってお知らせします

 

  • 第3回丹波ボランティアバス(2014年10月12日)
    主催:学生ボランティア支援室
    協力:都市安全研究センター・人間発達環境学研究科 ヒューマン・コミュニティ創成研究センター
    ※活動報告の内容は追ってお知らせします

  • 第4回丹波ボランティアバス(2014年11月23日)
    主催:都市安全研究センター学生
    協力:ボランティア支援室人間発達環境学研究科 ヒューマン・コミュニティ創成研究センター
    災害に伴う全体の被害がわかる被災地図を作成することで、今後の防災・避難計画、再建・復興まちづくりの検討などに役立てていくために、その基礎データとなる家屋等の被害状況を調べる活動を行いました。

    第5回丹波ボランティアバス(2015年11月29日)
    主催:都市安全研究センター学生
    協力:ボランティア支援室人間発達環境学研究科 ヒューマン・コミュニティ創成研究センター
    災害に伴う全体の被害がわかる被災地図を作成することで、今後の防災・避難計画、再建・復興まちづくりの検討などに役立てていくために、その基礎データとなる家屋等の被害状況を調べる活動を行いました。



丹波豪雨災害による被害の状況
 
 

丹波豪雨災害緊急支援グループ提供写真


神戸大学藤田一郎研究室提供写真


国土地理院撮影の航空写真




参考になるページのご案内
エントリーフォームを全画面で表示する(新しいウィンドウで開きます)