研究内容

盛土の締固め特性

せん断強度として一軸圧縮強さ (qu) に着目して,qu とせん断波速度および両者の関係に及ぼす乾燥密度や含水比の影響を,粒度分布の異なる試料を用いて系統的な実験により検討しています.

盛土の水浸沈下

試料の密度はコラプスを支配する重要な要因の一つであると言えます.
ところが盛土材料は幅広い粒度分布を示し,盛土の品質管理には締固め度(Dc)が用いられており,室内実験とは異なります.
このような広範囲の粒度分布を示す盛土材料の水侵沈下特性をDc,載荷応力,初期含水状態に着目して体系的な知見が得るため,研究を行っています.

埋立て地盤の地盤工学的な諸問題

埋立地盤造成に伴う地盤工学的な諸問題を解決するため,軟弱地盤のトラフィカビリティー確保および地盤改良に伴う過大な沈下・変状防止,堆積粘土層の長期圧密沈下のメカニズム解明などに題して研究を行っています.

メタンハイドレート関係(海底粘土)

メタンハイドレート賦存地盤における現地調査や地盤物性・強度試験を通して,メタンハイドレート賦存地盤の共通性や特異性などについて研究しています.