主要著書

○「環境と災害」(文新社、1977)

○「地域計画と防火」(勁草書房、1981)

○「危険都市の証言」(関西市民書房、1977)

○「ビル火災」(大月書店、1982)

○「現代の災害」(水曜社、1982)

○「建築安全・防災」(鹿島出版会、1993)

○「新版建築防火」(朝倉書店社、1994)

○「大震災と地方自治」(自治体研究社、1996)

○「防災と危機管理」(三省堂企画、1996)


主要論文

○ "A Study on Urban Fire Prevention in Case of Big Earthquake" ,Proc.. 8th W.C.E.E. (1984)

○市街地火災拡大の延焼要因に関する研究」,都市計画学会学術研究発表会論文集,19号(1984)

○「階段室における2群集の合流に関する研究」,建築学会計画系論文報告集, 385号(1985)

○ "A Study on the Process for Disaster Recovery in Cities" ,Proc. 9th W.C.E.. (1988)

○「昭和9年函館大火の復興計画に関する研究」,都市計画学会学術研究論文集,24号(1989)

○「災害時の住宅復旧過程に関する研究」,都市計画学会学術研究論文集,25号(1990)

○「避難経路の想起に影響を与える空間的特徴に関する研究」, 建築学会計画系論文報告集, 476号(1995)

○「阪神・淡路大震災における応急仮設住宅供給に関する研究」,都市計画学会都市計画論文集,31号(1996)

○「阪神・淡路大震災における地震出火の出火構造に関する研究」,都市計画学会都市計画論文集,31号(1996)



次のページへ

室崎教授のページへ