Intergenomics研究会
神戸大学 / 神戸大学農学部・大学院農学研究科
 
What is Intergenomics?

ホーム(新着情報)

# 研究会について

 インターゲノミクス研究会について

 ゲノミクスの現状とインターゲノミクスの可能性

 アプローチの具体例

 研究会ロゴについて

# インターゲノミクスの輪

 メンバー研究内容紹介

 学内外研究者・研究室へのリンク

 「ジョージ・ビードル “非凡な農民”(訳:中村千春)」

 「メンデルの仕事と生涯 “今に私の時代が来る”(著:中村千春)」

# セミナーと勉強会

 公開セミナー

 勉強会

# ご意見、お問い合わせ

インターゲノミクス研究会について

 異国情緒漂う港町神戸。穏やかな瀬戸内海を見下ろす六甲山の中腹にある神戸大学農学部は、生態系や一次産業の現場から食卓まで(farm to table)、食・環境・生命(健康)に貢献する総合科学を進めています。そこで俎上にあがる生命現象の多くは植物(作物)や動物(ヒト、家畜)と他の菌類や微生物、植物との関わりや、細胞内での核とオルガネラ、あるいは種間交雑のような様々な相互作用における対立と調和の上に成り立っています。その中から多様性と普遍性を見いだすことが大きなテーマであり、これまでも植物防疫学や遺伝学分野で研究成果を上げてきました。一方で生命の設計図であるゲノムの研究は発展を続け、その広がりはとどまるところを知りません。

 そんな中で、この研究会は生まれました。平成18年4月、生命現象における様々な「相互作用」を生物共通のわずか4文字で書かれたゲノムの特性とその変化に基づくものと捉え直せないものだろうかと、部局の若手が熱く議論する中から発せられた「インターゲノミクス」。このキーワードの下、共生、感染、ゲノム倍数化、オルガネラクロストーク、情報伝達、生殖などなど、これまで「~学」や「~分野」の違いで隔てられ互いの交流が必ずしも盛んと言えなかった研究者同士が同じ目線で議論し、互いの知識や手法の「共有と融合」が進めば、今までになかった研究展開が期待できるのではないでしょうか。

 本研究会は上記の趣旨に賛同し、議論を交わしたい研究者に参加していただき、その輪を広げるハブになるべく活動しています。平成18年度は、5回のIG研究会と4回のIG公開セミナーを行い、このホームページの公開までこぎつけました。今後も共鳴の輪を拡げ、具体的な研究シーズを発掘し膨らませて実のあるものとしていくことを目指していきます。

 幸い、このコンセプトは平成18年度の神戸大学「若手研究者育成支援研究経費」事業で「新研究領域インターゲノミクスの創生支援」として採択され、大学本部や部局からサポートを受けることができました。

 私たちは世界的にもまだ萌芽段階にあるこのインターゲノミクス(IG)が近い将来、広く国内外で認知され、バイオサイエンス分野の研究を幅広く横断するキーワードとなることを期待しています。

(C) Copyright Intergenomics Community, Kobe University