神戸大学大学院理学研究科 生物学専攻

形質発現教育研究分野 坂本研・井上研

(RNA情報発現研究室)

20世紀中頃から始まった分子生物学の歴史の中で、RNAは遺伝情報の仲介役にすぎないと長い間考えられてきました。
しかし、RNA干渉やマイクロRNAの発見が続いた2000年前後を境にして、RNAは生命現象の中核を担う機能分子として再認識され、RNA研究はさまざまな生命科学分野と関連しながら大きく発展しようとしています。
神戸大RNA情報発現研究室の坂本グループと井上グループは互いに協力しながら、転写後のRNAレベルの情報発現制御機構をさまざまな側面から研究しています。
私たちのグループの研究に興味のある人は、是非坂本あるいは井上にコンタクトしてください。



研究室紹介
  研究室メンバー
  研究室OB、OGの今
研究内容
  坂本グループ   井上グループ
最近の研究業績
  坂本 高崎
  井上 松花 古川
関連リンク

  神戸大学大学院理学研究科・生物学専攻 (→学部3編・院入試説明会
  神戸大学自然科学系先端融合研究環・重点研究チーム
          「多細胞生物の構築原理と保障機構」
  神戸大学男女共同参画推進室
  日本分子生物学会
   日本分子生物学会年会(横浜)
  日本発生生物学会
   日本発生生物学会年会(熊本)
  日本RNA学会
   RNA2016 (Kyoto)
 
 RNAフロンティアミーティング(若手の会)
  小型魚類研究会

トピックス

 研究室が教授2名の体制になりました (10/4/16)
 高崎助教が着任しました(11/10/1)
 三嶋研究員が東大 助教となりました(12/10/1)
 福村研究員が転出しました(12/11/1)
 谷研究員が撮影した写真がDevelopment表紙に掲載されました(13/4/2)
 
椎森研究員が転出しました(13/6/14)
 日下部研究員がAERAで紹介されました(14/2/24)
 重点研究チームが発足しました(14/4/1)
 谷研究員が転出しました(14/4/14)
 日下部研究員が転出しました(14/5/1)

 松花助教(重点研究チーム)が着任しました(15/7/1)

 

last update 2016.06.23