ロゴ

沿革

 「21世紀は光の時代」といわれて久しく、光に関した種々の科学技術の研究が今まさに新しい展開を遂げようとしている。これらの科学技術は光と分子の相互作用を活用している。神戸大学では、光と分子の相互作用に関する研究分野である、分子フォトサイエンスの分野で優れた研究成果を上げてきたており、分子フォトサイエンス研究センターは平成13年度に学内共同教育研究施設として設置された。専任部門として、極狭線幅光科学研究部門、極短パルス光科学研究部門、量子光科学研究部門を設置し、それぞれ、レーザー光の単色性の良さを活用した分子科学研究、レーザーパルスの短時間性を活用した分子科学研究、電磁波のコヒーレンスと高磁場を組み合わせた物性研究を行ってきた。平成17年度には、研究分野を拡張するため、極狭線幅光科学研究部門をレーザー分子光科学研究部門に改組し、レーザー光の特徴を活かした光分子科学を展開してきた。本センターでは、光分子科学の世界的な研究拠点として機能することを目指しており、そのため、毎年、国際共同研究の推進、海外研究者の招へい等による国際交流の推進、国際的な学術集会の開催等を行ってきた。また、自己評価、および広報活動の一環として、Annual Reviewを毎年発行してきた。
 平成19年度の自然科学研究科改組に伴い、自然科学系先端融合研究環分子フォトサイエンス研究センターとなり、平成28年度の自然科学系先端融合研究環の改組に伴い、基幹研究推進組織として、分子フォトサイエンス研究センターとなった。
 本センターの強み、特色と言える研究は、テラヘルツ波を用いた分子科学研究である。本センターでは、テラヘルツ波を用いた液体や生体関連分子の研究と固体物性研究を独自に行ってきており、さらに、人間発達環境学研究科、及び理学研究科においても、テラヘルツ帯のエネルギー領域を対象とする分子科学研究を行っている。そこで、平成29年1月に、本センターのテラヘルツ波を用いた分子科学研究をさらに強化し、本センターがテラヘルツ分子科学研究の国際的研究拠点となり、神戸大学の機能強化に資することを目的とするために改組を行った。神戸大学でテラヘルツ帯の分子科学研究を行っている教員等も、本センターの様々な研究活動に参画できるよう組織整備を行った。テラヘルツ波を用いた産業基盤の構築することによって、社会実装、イノベーションの創出に寄与する。また、現行の国際的な研究活動をさらに発展させる。