ロゴ

全国公開臨海実習

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行状況によっては日程・内容が変更になる場合があります。

Bコース(淡水域-河口域の生物群集と生態)

期間:令和3年(2021年)9月6日ー10日

対象:理系学部1~4年(定員10名)

[令和3年度(2021年度) Bコース実施計画書]

[令和3年度(2021年度) Bコース履修案内]

[令和3年度(2021年度) Bコース特別聴講学生願書 PDF / Word]

[確認書(学研災加入と麻疹風疹抗体検査) PDF / Word]

[令和3年度(2021年度)健康観察問診票 PDF / Word]

  生物多様性の維持・創出機構やそれと生態系機能の関係の理解には質的に異なる複数の生態系間の連環を理解することが重要です。マリンサイトの位置する淡路島では森林生態系,淡水生態系(湖沼・河川)および沿岸生態系が比較的小さな地理的スケールにみられ,それらの間での密接な連環が認められます。この地理的条件を活かして,本実習ではため池と河川の生物群集が陸域からの資源供給(栄養塩やデトリタス)に支えられていることを実測するとともに,それら陸域-淡水域間の相互作用が河口付近に形成される干潟の生物群集とどのように関係しているかを調べ,陸域-淡水域-海域の連環のもとでみられる生物群集を実測し,それに与える人的影響(土地利用や外来種の放逐)を評価する手法を身に着けます。

【過年度の実施内容】令和元年度 平成30年度 平成29年度 平成28年度 平成27年度

 

全国公開臨海実習Bコース(淡水域-河口域の生物群集と生態)

【淡路島楠本川(上流サイト)おける水質調査と水性動物採集】


全国公開臨海実習Bコース(淡水域-河口域の生物群集と生態)

【採集した水生動物の同定】


全国公開臨海実習Bコース(淡水域-河口域の生物群集と生態)

【ため池の水質測定】


全国公開臨海実習Bコース(淡水域-河口域の生物群集と生態)

【ため池のプランクトン採集】


全国公開臨海実習Bコース(淡水域-河口域の生物群集と生態)

【採集した水草の同定と標本作製】