[Last updated: 2020年6月8日]
特定固形廃棄物について
特定固形廃棄物の種類
実験系の固形廃棄物は下表のように分けられます。
詳しい内容と処理費用(学内版)を必ず参照してください。
種類 擬似感染性
(ダンボール箱)
擬似感染性
(プラスチックケース)
シリカゲル等
(プラスチックケース)
条件
バイオ系研究室対象
感染性でないこと
バイオ系研究室対象
感染性でないこと
非バイオ系研究室対象
有害重金属等(Hg,Cd,Se,As,Cr,CN,Pb)を含まない
内容物
紙,手袋,おがくず 等
注射針,ガラス容器,プラスチック容器,エチジウムブロマイド(ゲル) 等
シリカゲル, TLC, ガラス容器, プラスチック容器等
専用容器
40リットルの専用
ダンボール箱
20リットルの専用
プラスチックケース
20リットルの専用
プラスチックケース
備考
10kgまで/箱
10kgまで/ケース
10kgまで/ケース
注※回収処理費用(専用容器代+処理費用)は受益者負担
申込と回収の方法
センターから各部局に回収案内をします(回収日は廃液と同日程)。
固形廃棄物回収を依頼される方は環境保全推進センターにメールで申込をして下さい。(申込書を添付)
(特定固形廃棄物専用の容器が無い場合は、注文をして下さい。)
専用の容器に詰め、保管して下さい。
案内で指定された回収日時に所定の場所へ搬出して下さい。
容器のラベル
下記のラベルを印刷して、必要事項を記入し、専用容器に貼り付けて下さい。
擬似感染性廃棄物 または シリカゲル等
問い合わせ
環境保全推進センター
TEL : 078-803-5991・5992
E-mail : cema@research.kobe-u.ac.jp